確保したい瞬間がある

どんなに頑張って精神を整えようとしても体が疲れてると厳しい。知らないうちに呼吸が浅くなっている。どこか故障してるだけだったらヤダなあ。体壊すのも頭壊すのもヤダなあ。

やっぱり基本的には"安穏"がいいな。やすらかでおだやかで苦痛がなくて、自分を守るために傷ついたりしなくていいような。足を思いっきりぶつけても痛みがおさまるまでその場で蹲っていることになんの焦りも必要ない、というような。

いや、本当に思うんだけどさ、足ぶつけてめちゃくちゃ痛くて「あぁ〜〜」ってなってる時にその場で蹲って痛みをやりすごす時間って絶対必要じゃん。確かに、あぁ〜痛い痛い痛いっていう最初の波が一瞬引いた後は何故か一瞬だけ平気で動けるんだけど、その後すぐに最悪泣き出すんじゃないかというぐらい痛くなってきて本当にダメ。そういうのを、我慢しなくてよくなるといいよね(先日、足を思いっきりぶつけたが、人混みにいたので半泣きで移動を続けたという話)。