いろんなことが何にもなさすぎて

ああ、今あれだ、夏休みだ。今ちょうど夏休みだ。全然梅雨だけど私にはそんなもんどうでもよくて、夏休みのような感覚があるということが重要だ。

これはいつの夏休みだろう、小学校ぐらいだろうか。夏休み、小学校のプールは解放されていて、よく遊びに行った。図書室もたまに開いているからよく通った。それ以外に行くところはあまりなくて、だいたい友達の家とか、近所の公園とか、親戚の家とか、あとはちょっと遠くの大きいプールまで連れて行ってもらったりした。地域の集まりでバーベキューなんかもやった。花火も。

それが全部本当に自分でやりたいことだったわけではなくて、誰かに誘われたからとか、そういう行事だったからとか、行けと言われたからとかで、何かをやろうと思ったことはあまりない。その割にはなんでもやっていたんだなと思う今日この頃。

そんなことはいいとして、今まさにその夏休みの感覚が戻ってきた。ぼーっとしてれば一日が終わっていたときのこと。めでたしめでたし。