サンダル

私はサンダルが一番楽で好きだ。何が楽かって、水に濡れた時の処置だ。水だけじゃない、泥だの砂だのに塗れてしまっても、お湯か何かで洗い流してしまえば全部終わる。靴下を履いていたり、スニーカーなんて履いていた日には悲惨で、最悪の場合二度と使えなくなる覚悟もしなければならない。その点サンダルは楽で、もちろん装飾過多のものは論外として、スポーツサンダルやビニール製のサンダルは使い勝手が良すぎる。

そもそも靴下も好きではない。布は濡れたら乾かさなければいけないのが大変面倒である。その点、皮膚は良い。やっぱり洗い流せばいいだけだから手入れが圧倒的に楽。濡れるとか乾くとかの概念が必要ない(拭くか拭かないかだけ)。すごく楽だ。

汚れないのが一番いいんだろうけど、私にはそれができないから、汚れない方法を考えることはこの先ほとんどないだろう。それならば対処のし易さを一番に考えるしかしようがないのである。