効かない

この間、すごく楽しいことがあって(いや、楽しいっていうと足りない。嬉しいとか面白いとか圧倒とか、とにかく善の方向の感極まること)、まあ人生の中でも今のところかなり上位の良い経験をしたのだが、そしてそれは確実に在ったことであると思うし、私が私なりの力でもって得たナイスな機会だったのだが、それがとても良かったことは絶対に確かだったのだが、大変貴重な経験だったのだが、できることならまたこういう機会がほしいと思ったのだが、もう何ヶ月も前から準備してソワソワして浮き沈みを繰り返しながら待ちわびていた素晴らしい出来事だったのだが、もうそんな魔法全然続かないのね。もうこんなにメンタルメタメタになってしまったのね。

そりゃあ前から「あれが終わったら死のう」ぐらいに思ってたけど、終了直後は全然死のうと思わなかった。だから「ああ、なんか大丈夫になったのかもしれない。これからずっとこんな感じになるのかな」って一瞬でも思ったけど、やっぱりこうなっちゃった。もう絶対に生きるのが辛い。

どうしようね。

あれが効かないなら何にも効かないよ私。ある時期から、特に良かったことは紙なり何なりに書いて残してある。写真だってちょっとは撮るようになった。それを消すこともあまりしない。だから楽しかった証拠なんていくらでもある、あるんだけど、それらが全て「それが何?」「だから何?」の世界に飛ばされてしまう。生きてるのが苦しすぎて全部どっか行っちゃった。「確かにそういう出来事はありましたね、それはすごく良いことだったと思います。でもそれはそれ、これはこれ」になる。

思い返せるような良いことが増えるたびに失望する。これだけやってもこんな状態なら、何があっても効かないよ。生きてるうちに楽になるなんて絶対にありえないよ。苦痛が減るとか、何も思わなくなるとか、慣れてくるとか、些細なことが幸せに思えてくるとか、全てを肯定したくなるとか、死にたくなくなるとか、ないよ。何があっても効かないよ。疲れた。