いっけな〜い!機密機密!

虚勢張りたい、もうめちゃくちゃに。世界一大丈夫な顔したい。何の信号も発さず、誰にも悟られず、淡々と。とんでもなく何事もない顔したい。

そうすべき理由はない。ならば何故、と考えてみても、もはや自分でもわからない。なんでだろう。強いて言うなら、面倒だから。

アカシックレコードという概念がある。この世の全てが記録されているとかなんとかで、完全にオカルトの趣だが、それのミニチュア版みたいなものは人の中にあるだろう。自分の認識したことを少なからず記録しているし、記憶しているだろう。重要度の低いものはそこから消されやすいだろう。

だとしたら、私は人の頭の中に残されたくないので、任意の人物に対して何かを発するようなことをこれ以上したくはないんだ。しかし100%それが叶うかと言われれば、無理だ。しかし、少しでもゼロに近づけることはできる。ならば私のすべきことは、できるだけ何の信号も発さないこと。受け取らせないこと。重要なことほど誰にも言わないこと。