水が水が

ティッシュで全部受け止めようとするのは無理がありますよ。やっぱり鼻に管を突っ込みましょうよ。カジュアルに突っ込みましょうよ。オシャレ管、作りましょうよ。そこから垂れ流すのが一番いいですよ。鼻呼吸できなくなるけど、どうせ同じことでしょう。

鼻に何かを突っ込んでるのを見ると人は笑うけれど、その文化コードを破棄しましょう。特に笑えることじゃありませんよ。こっちは必死ですよ。これ以上鼻の周りの肌を擦り減らしたくないんですよ。ここだって十分デリケートゾーンですよ。

高級ティッシュはとにかく高級すぎて何十枚も使えませんよ。ここは管にしましょう。オシャレ管を使ってサイバーな雰囲気出しつつ、鼻水も出していきましょうよ。

花粉症ではありませんが、一年中鼻水チャンスが無限に湧き出てくる体質なので、これは切実な願いです。オシャレ管を作りましょう。鼻に突っ込みましょう。ほんとにそれしかないと思う。綿の類を鼻の穴に突っ込むのも一つの手ですが、入れ替えで手が汚れるし、鼻の穴が広がる気がするから私の中では却下です。管ならOKです。オシャレ管を作りましょう。光らせるのも楽しいと思うんですよ。別に透明の管でなくてもいいので。とにかくティッシュじゃ全て受け止めきれないんですよ。脱水になりそう。