どうせ同じなら

こんなグロッキーなのによく目が覚めたな、よく朝飯食べたな、よく顔洗ったな、よく化粧したな、よく服を着て……よく人間めいた振る舞いを……よく……。

常軌を逸した現実逃避をしなければ、座っていることも、靴を履いたままでいることも、言葉を話すことも、指を動かすことも、数を数えることも、鼻水をティッシュで押さえることも、時計を見ることも、ままならず、苦しい。

本当に、呼吸だけで何キロカロリー使ってるんだろう。こんなに体力を使うことだったかしら。肩で息をしている。こんなに呼吸って疲れるものだったかしら。本当にどうしたんだろう。なにか、よくなったことはないだろうか。よくなったことは。何かが。このまま具合が悪くなり続けるのだろうか。

なにそれ。どうせ具合悪くなり続けるだけなら今すぐ好きなことだけしたい。自分を飾るとか。