脚が細く見える日

妙に自分の脚が細く見える日 がある。なんだか嬉しくて、どこかに腰掛けるたびに自分の脚を眺めてしまう。

そんな時、今日は精神の調子が良いんだな、と思う。一日や二日くらいで急に体重がガツンと減っているとか、毎晩履いている着圧ソックスが突然バリバリに圧をかけてきてむくみを100%取り去っただなんて考えにくいから。

自分で自分を見たときの感想が精神状態のバロメーターである。と考えるならば、逆に、気分がぶち上がる服を着るとか、ぎっちりとヘアパックをするとか、普段やらないようなガッチリメイクをすることで精神の調子を良くすることもできるんじゃないか。というか、わりとできる。精神が良くなるかはわからないけど、気分のノリは良くなる。そうやって気分を上げることは何回もやってきた。

しかしそんなことする気力があるうちは精神状態わりかし良いよ〜〜〜。ダメな時ってなにやってもダメだも〜ん。どんだけやっても「全然似合わない可愛くない私にはなにもできない」で全部終わっちゃう。そこまで行く前に手を打っておいて、底上げして底上げしてようやく「あれ、今日の脚細くない?」にたどり着くのだ。難易度高い。