正しくない

明らかに正しくない(と思われる)思い込みをもとにめちゃくちゃ落ち込むのやめたい。いわゆる認知の歪みというやつだと思うのだが、いくらそう自覚できたとしても、どんな論拠を並べて否定してみても、不安を拭うには無駄すぎてびっくりする。

Aしかないに違いない(思い込み) → そんなことはない。Bの場合もある。Aしかないわけではない(正しい感じ) → そうですねBの場合もありますねAしかないわけではないですよね、でもAの場合があるんですよね。 BもありうるというだけでAが無いわけではないんですよね。私にとってはAが危険なのでAの可能性があるだけで完全に嫌です。つらい(オタク特有の早口)

みたいな流れになる。厄介。

そもそも嫌なことを避けたいのであって良いことを得たいのではない。Aがある限りBがあっても意味がない。BはいらないからAをできる限り避ける方法が欲しい。

なんの話してたっけな。そうだ、こういうルートで落ち込んじゃうをやめたいという話だった。でも、それってすごく難しいよ。本当に正しい認知があるとすれば「何もかもあり得る」だから私は絶対に安心できないし落ち込まないこともできない。どうすればいいんだろう。薬飲んで寝るとか?