遊びに誘うこと

昔に比べて、人を遊びに誘うのが上手くなったな〜と思う。

単に誘う頻度が上がっただけかもしれないが、頻度が上がったから上手くなったのか、上手くなったから頻度が上がったのか、その辺の因果は定かではない。趣味の合う人を探すのが上手くなったのか。趣味が広くなったのか。その辺の因果も定かではない。声をかけるのにビクビクしなくなった、のかもしれない。それは、関わる他人が増えたために、他人ひとりあたりの私の中での価値が分散されたからかもしれない。「どうしてこの人と今遊んでるんだろう」みたいな状況を少し許容できるようになったからかもしれない。

何より、"退屈"を自覚できるようになったからかもしれない。ああ退屈、何か変なことをしたい、と思った時に、他人がいた方がより変になる場面もある。そのせいで他人を遊びに誘うようになったのだと思う。きっと退屈なんだ。