人間だから無茶はできます。それはもう仕方ないので認めます。でも無茶をし続けるなんてそれこそ無茶です。使い潰そうという魂胆なら別にいいんですよ。最初からそう言ってくれれば尚良いのですが普通そんなこと言わないのはわかります。みなさんお辛いのも見てればわかりますが、私の体を管理する私の立場からすれば「だから何?」としか言いようがありません。ふつうにめちゃめちゃ嫌ですよ。もう何も真面目になんかしませんよ。今よりももっともっと手を抜きますよ。そんでさっさとクビにでもなんでもしてくださいよ。付き合いきれません。

というのが会社への愚痴なんですけど、言わないしねぇ〜。言ったところでねぇ〜。ゲラゲラ。

遊ぶ金欲しさに居座ってるが、特に最近は無茶なことさせられるし、ついていけないって思うことばかりだし、すごく嫌な思いをして精神死んでるし、アホみたい。

お金がないと遊べない、遊べないと楽しくない。楽しくないなら死にたい。もともと人生一回放り投げてるからいつでも死んでいい。仕事やめたところで次の働き口があるかわからない、そこでうまくやっていけるかもわからない。人より秀でている部分もなければ、これは得意ですと胸を張って言えることもない。お金を稼ぐ能力はほぼゼロと言っていい。お金がないと楽しいことができない。楽しいことができないなら早く死にたい。私はとっとと会社やめて死ぬべきなのでは?とにかく死にたくて仕方ない。もうとにかくめっちゃくちゃ全部いやで本当に死にたい。死んだら全部解決するしそれでいいじゃん。これ以上嫌な思いしなくていいなら絶対に死んだほうがいい。死にたい、めっちゃくちゃ死にたい。生きてると辛いことばかり。薬飲んでも気分落ちっぱなしだ。救いがない。生きてりゃいいことあるかもしれないけど辛いことはその100倍ある。気が重い、体が重い、胸が苦しい、あほくさい、どうにかして死にたい。何やってても気分が晴れない。苦しい。「死にたい」と言うのは本当は生きたいってことなんです、みたいなやつ絶対嘘だろって思っちゃう。だって現に今めちゃくちゃ生きたくないから。生きたくないんだよ、生命そのものが痛みの発生源だから。楽になりたいってこういうことでしょ。痛みから解放されるには死ぬしかないんだってば。