そんな無理に反省しなくてもいいんじゃない?今日みたいな日は特にさ。何事もなく終えられただけで十分じゃない?それ以上のことは特に望んでないじゃない。

何事もなく終わったって感じられるようになったんだな、っていう感慨がある。何かあったかもしれないけど忘れてしまっている。それなら無理に思い出すこともない。もやもやする必要はない。

何も考えずにぼーっとしていた。頭の中で独り言が始まるととても五月蝿くて長くなりがちなのだが、それが出てくることもなく、本当に、ただなんにも考えないでぼーーーっとしていた。意識が無い。戦場なら死んでる。

夜なのに蛙が鳴いていない。その時期はもう過ぎてしまったんだろうか。虫っぽい鳴き声は聞こえるけれども、あの喧しい空気の音がしないのは少し寂しい。蛙はかわいいのでもっと自己主張強めにしてほしい。「うるさいけど、可愛いから許す」と思いながら寝たい。

蛙、ほんとうにどうしたんだろう。まさか田んぼで茹で上がってしまったのか。それなら稲だって無事ではなさそうだけど、今のところそういう話は聞かない。蛙、どうしてしまったんだ。