庭いじり

いろいろ想像するのが楽しい。全部思い通りにいったら人生おもしろすぎ。ドラマチックになりすぎるとは思うんだけど、まあ、事実は小説より奇なりって言うし。今更なにがどうなったって同じだ。

思うだけで、やらない!思うだけで、やらない!!!

あのねえ、難しい。夢の生活はどんなに保っても一ヶ月が限度だろう。これは金銭的な問題と精神的な問題を多大に含む。

金銭のことはこの際置いておくとしよう。精神だ。いろんな意味で保つのか。

一ヶ月ぐらい経った頃、私が思うことはきっと二つだ。「ずっとこのままで大丈夫なのか」、「ずっとこのままでいられたらいいけれど、それは叶わないだろう」。一見相反する二つの問いは、おそらく根っこが繋がっている。それは、私はこの先、何年も生きていかねばならないだろうという傲慢な思い込みである。

でもこの思い込みを一切抱かずに生きている人ってどれくらいいるんだろう。余命宣告されてるような人はともかくとして、人が不安を抱くのは未来があると思い込んでいるからだ。死んだ後のことまで考えて徳を積む人だっているんだ。万が一、「あなたは三日後に絶対死にます!」って言われて、それがどうやら本当のことらしいとわかったら、私はウッキウキで遊びに出かけちゃうんだろうな。

私は膨らみ続ける不安に屈して情緒不安定になって、意識が無くなったと思ったらセーブポイントで目覚めるようなことばかり繰り返すんだろうか。だとしたら、思ってるだけでやってないことをやりたいなぁ。と思うなどした。

実際、今までにやったことを思い出してみると、わりとやりたいことをやれてるので、それはそれでいいのか。

私の欲が尽きないのがいけないのか。それが不安を生んでるのか。一人で穴掘って埋めて楽しいな!!!