不安

人間が最悪な話を聞いてしまって最悪が止まらない。憤りをおぼえるタイプと悲しむタイプがあると思うのだけど、私は後者のようだ。ひたすら悲しい。あと、怖い。

私が身長2メートル50センチで筋骨隆々の武道の達人だったら、何にも怖くなくなるのかな。

……乗り物に乗るのが大変そう。電車にもうまく乗れないんじゃないかな。どうやって移動するんだろう。やっぱり大きい車に乗るのかな。軽トラの荷台に乗るのが一番楽そうだけど、やっちゃダメなやつだし、一人で移動できない。詰む。徒歩圏内で全て済むようなところじゃないと生きていけない。割り切って山に住めばいいかっていうとそんなこともない。

きっと、強すぎる体も不便なんだ。弱すぎるのとどっちがいいのだろう。圧倒的な力か絶対安全な場所、どちらかを選ぶとしたら絶対に後者がいい。そういうもんだと思うんだ。

毎日不安で仕方ない。どこにいても安心できなくて素面じゃやっていけない。自室にいても「突然なんらかの高速移動体が窓を突き破ってきたらどうしよう」とか「家が突然倒壊したらどうしよう」とか考えてる。そんなことが起こる確率はとても低いとわかっているけど、ゼロではない。何が起きてもおかしくはないこと、常に可能性はゼロではないことを知ってから、何をしてても怖い。逆に心臓強くないですか。こんなアホなこと考える頭じゃなかったら150年くらい生きられそうじゃないですか(それはそれでいやだ)。