険しい顔

最近ずっと険しい顔してる。なんでだろう。何かと戦ってるわけではない。

今、特に戦いたい対象が無い。これってすごいことだ。ここ数ヶ月、一つのことしか考えられなくて、それが十分かつ精一杯だから、他のこと(特に、私が何をやっても無駄だと思われること)に目がいかなくなった。いや、目はいくんだけど、そんなことに構ってる暇がマジでないんだ。

結果的に、ずっとなりたかった「夢の中で生きてる人」になった。二十四時間が生活パートと夢の中パートで分かれていて、普通に八時間働いて帰宅したところで生活パートが終わる。帰宅してから寝る前までが夢の中パート。

こんな調子でやっているものだから、寝る頃には「今日のお昼何してたっけ。あ、働いてたわ」みたいに思うこともある。

社会性をふわっと投げ捨てると戦わなくて済む。少し楽。なのに、なんでずっと険しい顔してるんだろう。へらへらしててもいいことないからかなあ。力抜くにも力がいるんだから無間地獄だ。