寝足りない

ようやく元気が戻った気がする。感情がチョロい。落とせば粉々、持ち上げればちょっと強めに上がる。

普通、こんなにめちゃくちゃ落ち込んだり何もできなくなったり泣きたくなったり、イライラして所構わず壁を殴りたくなったりしないもんなんですか。それがノーマルモードなんですか。それとも大多数の人もこんだけ感情があって濁流のようになってるのを常に抑えきりながら毎日過ごしてるんですか。どっちなんだろう。

ちょっと深呼吸したら落ち着いたりするんですか。他人の感情を知りようがないから自分の感情基準で考えるけれども、どうあがいてもちょっと深呼吸して落ち着く内容じゃないと思う。コーヒー一杯飲んだり一瞬トイレに逃げたりするだけでどうにかなるもんなんですか。ここで言う「どうにかなる」というのは感情が消えるとか気分を切り替えたりできるみたいなハイパーなもんじゃなくて、社会生活に影響が出ない程度になんとか止めることができる、のレベルのこと(それはそれでかなりハイパーなもんだが)。

私にはもはやどうにもできんから結局お薬飲んでいくしかないんだよなあ。風邪が移らないようにマスクをしていくのと同じノリでやっている。精神を平らにする薬飲んでようやくちょっとマシになる。家にいる時はほとんど飲まないから”そういうこと”なんだと思う。労働と薬、どっちが体に悪いんだろう。自分に優しいのは明らかに薬のほうだが。こんなに体に悪いこと死ぬまで続けるわけか。地獄じゃん……。

昨日寝かせたダッツは、今日食べたら味がしたのでよかったです。