授業参観で子供を見るような、畏怖すべき神を見るような、そんな感じの一日だった。世話されてるのは私のほうさ!

この世にあらざるものは、自分の中にいるんだろうか。というようなことを少し考えました。そこにいなくても「いる」と思うなら私の思い込みなんだよね。(完)