運が良いと思うこと自体が一種の錯覚なんだけれども、自分が運の良い人間であるとしか思えず、もはや「今日の300円がいつかの1000万円」ぐらいに思って宝くじでも買ったほうが効率が良い気がしてきた。

こんなこと言っておいて、実のところは、もう何もしたくないだけなんだけど。

何もしたくないな

 

 

うーんと本当はねー髪の毛めっちゃ綺麗にしたいね毎日髪の毛の手入れしたいです。ずっといじっちゃうかさぶたをもういじれないように処置したいです。それと甘い物たくさん食べたいし季節外れだけど白子をちょっとだけ食べたいです。すっごくすっごく寝たい、すっごくすっごく寝たい楽しく寝たい、服たくさん欲しい靴も欲しいバッグも欲しい化粧の練習したい一日に何回も何回もやり直すのパレット変えてやり直すんだ。一日中一人で運動がしたいよ誰にも邪魔されないで。やりたいこと一つもできてないのアホみたいに悲しい毎日毎日アホみたいに悲しい悲しい悲しい悲しいアホくさい何もやってないのと同じだよ。お金なんかでお金なんかでごまかされているが私の人生は確実に終わっていくのだ。そんなもん一秒後に終わっちゃえよ。終われよ終われよ何にもできないなら何にもしたくない。楽しいか?毎日蟻でも食ってるような気持ちで生きてるだろ、当然ながらいつか蟻で出来た体になるんだよ。ちょっとずつごまかしながら息してるだけで自分のこと偉いなんて一瞬でも思ったなら最悪だよ。何にも持ってないくせに何にも持ってないくせに(ここまで全部自分に言ってますよ)。