ブーストかかりはじめた

日付見ただけで人生が嫌になっちゃった。本当に春ってだめだ。おそらく、ここから向こう半年ぐらいは、人生の地獄度が三割り増しになる。しばらく毛布かぶって啜り泣きたい。花が咲いてるとこなんて見たくもない。

知らない間に春が来ていた。いや嘘、知らないわけじゃなかった。予兆はあった。今週に入ってから小さな虫が発生するようになった。それも、一匹や二匹じゃない。今孵化してもどうせ今日明日で死んでしまうに違いないが、ゾッとした。

生のパワーがそこらじゅうでモゾモゾしはじめた。気持ち悪い。涙が枯れるまで泣きたい。全てから目を逸らしたい。ほんとにだめ。

 

そろそろ手帳を買わないといけないだろうか。あんまり使わないから去年と同じシリーズのものを買おうか。

これまでいろいろな手帳に手を出してきたけれど、立派な手帳を買っても途中で飽きてしまうことがほとんどだった。人生において、予定らしい予定のない期間が非常に長かったから、とも言えるけれど。今だって特に書きたい予定なんてない。書ける予定はあるけど、それはそれとして。

行きたいとこも無いし、見たいものも無い、といういつもの状態に春ブーストが上乗せされる。はい、地獄!先生!お守り用に強めの薬を1シートください!!気休めじゃないやつを!!

 

何か楽しみを作らなければ。日常からできるだけ離れたことをしなければ。とりあえず服装から変えてみるかな。できるかな。いつも言ってるけど春は本当にキッツいな。