手癖で散らかる

合計10時間ぐらい寝た。寝ようと思えば寝られるらしい。寝てる時が一番楽だ。

 

数日間に渡って、いろいろな作業をこつこつ進めていた。一段落して、すべてのウインドウを閉じたら、デスクトップがとんでもない無法地帯になっていた。

無数に散乱するドキュメント。常にアイコンのサムネイルを最大に設定しているせいかもしれないが、壁紙にしている好きなアイドルの写真がほとんど見えない。

どうした? なんでこんなことになってるんだ……?

作業中の自分の動きを思い出してみる。そんなにめちゃくちゃに散らかすようなことを敢えてしていた記憶は無い。

ただ、「これは一旦とっておこう」とか、「すぐ使うから一旦デスクトップに置いておこう」とか、そういう「一旦」の積み重ねでここまで散らかった……ような気がする。それ以外に原因が思いつかない。

ほとんど手癖で散らかったデスクトップを眺めて、私の部屋みたい、と思った。自分で言うのもなんだが、それがあまりにも的確なたとえだったので笑った。作業に支障は無いから、という理由でそのままにしているところも。……笑ってないで片付ければいいんじゃないですか!?!?!??

 

 

ここから先、無限に愚痴を書いてたんだけど、胸糞悪すぎて残しておきたくないから、ここに書くのはやめた。

こういうの、誰かに聞いて欲しい時ってどうすりゃいいの? 自ら進んで「負の感情のゴミ箱になります」って人、存在する? 私は嫌だ……。「いいよ、話してみな〜」って聞くこともままあるし、内容にもよるがさほど負担にもならないタイプではある。しかし自分から行くとき以外はゴミ箱になりたくはないな。

不法投棄するくらいなら自分を埋め立て地にするさ! 終了! また寝るぞ!