現実だったかな

徹頭徹尾夢としか思えない一日だった。目の前にあるものが信じられなくて、視界に入るたびに頭が真っ白になる。

正直今でも何も信じられない。夢だったんじゃないかな。でも現実っぽいんだよな。

もう何がなんだかさっぱりわからないけど、ただただ圧倒されて一日が終わった。全くの快感情しか湧かない数時間を過ごす体験というのは、ほぼ夢として認識されることがわった。

でも現実だったんだよ、すごくない?すごいと思う。