感情のやりかた

感情をコントロールするって、私にとってはマジで無理難題である。

自分を観察してきた結果として、忙しいとイライラすることがわかった。普通だと思う。忙しくてイライラする状態が長引くとどんどん悲しくつらくなってくることもわかった。これもまあまあ普通だと思う。せっかく楽しいことをたくさんやっていて、その記憶や、経験に基づく新しい展望などを心に抱えていたとしても、全部忘れてしまう。だめなときこそ楽しいことを思い出せたらいいのに。

数ヶ月前、主治医に「疲れるとだめになるから疲れないようにしましょう」と言われた時、それができたら苦労しないですって心の中で100回くらい言った。でも今は、多少苦労してでも疲れないようにしたほうがいいと思っている。疲れたらだめになるって本当だった。疲れるのが私にとって一番良くない。これもかなり普通のことではある。
疲れないようにするって難しい。どうしても物理的に疲れざるをえないことがある。私にはコントロールできないことで疲弊しきる。

結局、精神だけでも疲れないようにと思って出勤のたびに頓服を飲むようになった。飲まないで頑張ろうとしたことも何度かあった。結果的に一日を乗り切ることはできるが、帰宅した後にひどく精神が落ち込む。明日もこんなことやるのかって泣きそうになる。毎回こんなことになるくらいだったら予防的に薬を飲んでおいたほうがいい、と判断して、こうなっている。飲む量が増えるようなこともないし、まあ、これでいいかなあ。情緒が安定しないのが一番疲れて体に良くないんだ。結果的に酒飲むことも減ったし、今のところはいいんじゃないのかな〜。今のところは。

 

将来やりたいことも夢も希望もなんにもなくて、別にいつ死んだって仕方ないのに、なんでこんな地道に生活してるのかわからない。この間主治医が「忙しくても嫌だけど、することが何もないとそれはそれで嫌だよね」と言っていた。本当かなあ。

することが何もない時期がわりと長くあったけれど、その時は何か嫌だっただろうか。そもそも当時の気持ちをあまり覚えていない。一日中、なにをして過ごしていたんだっけ。インターネットか。現代人だな。

何もしなくていいなら何もしたくないが、金がもらえるなら金が欲しいし、どのみちこうなっていたんじゃないかな。お金使って楽しいことする以外にやることないし……。

今後のことは本当にわからない。自分のことは信じてないので、何か大変なことをやらかしてそうな気がする。何もしてなくても、薬だけじゃ耐えきれないデカい感情の何かが爆発したら終わるしかない。

結局、感情と体調がすべてなんだよなあ。今はそれらを薬と休息と娯楽で無理やり整えながら生きてる。三つのうちどれか一つでも欠けたらまっすぐに死に向かうと思う。長期的な目標が一切ないから、ほんとに刹那的にやっていくしかないっていう……。そして、やっていく理由は無いっていう……。

何もかもよくわからないままだけど、今日は情緒が安定しているし、きっと何事もなく眠りについて、明日も普通に起きて活動してよくわかんないまま寝て、起きて、寝て、起きて、寝て、起きて、感情が暴走したり失速したりするのに付き合わされながら、薬飲んで、寝て起きて寝て起きて寝て起きる。何か意味があるのかなーなんて思いながら、たまに夢見て、楽しいって錯覚して、まあいいかって風呂で歌って、よくわかんないまま……また寝るんだと思う。この話は8割フィクションです。