しゃんしゃん

気力で乗り切った一日だった。人生のメインを、生活から外れたところに一本どしっと置いておくと大抵のことが乗り切れてしまう。「こんなことやってる場合じゃないんだよ!!!!」という謎の気合いが入る。いいんだか悪いんだか……。

とあるコンテンツをかれこれX年間追い続けている。そのコンテンツにかけたお金と時間と手間のことを考えようとすると頭が動かなくなる。このX年間の私の生を支えたのは間違いなくそのコンテンツだし、反省はしても後悔はない。あの時出会わなかったら私はどうなっていたのか想像もつかない。

そんなコンテンツが、年数は違えどわりとあって、私は頭がHAPPYなやつなんだなって思いました(小学生並みの感想)。

 

 

新しいイヤホンが欲しい(春頃に買ったやつは壊れた。もうリモコンとマイクがついてるのはこりごり)、衣替えをしたい、などの己の切実な要望にそろそろ応えたい今日このごろ。

あと、ペンライトの電池を変えて、あのCD予約して、アレをコレして、あーアレをソレしなきゃいけないし、爪を整えたいし、やることが山のようにある。なんで?

ぼーっと暮らしていて、ある時突然「そういえばアレやりたいんだった! アレとアレとアレとアレも」って一気に思い出す。紙に書いて壁に貼っとけ!

そういえば壁に貼ってるものもそろそろ変えたいんだった。とりあえず剥がして切って貼っとけ!!

 

今日ひさびさに少し高めのヒールを履いたら背筋がしゃんとした!

ところで「しゃん」ってなんの音だろう。誰にも聞けなくてかれこれ十年くらい悩んでいる。タンバリン? 普通に鈴?

そもそも、音では、ない……? 「しゃん」が音では、ない……?

ググってもよくわからない。この数分間、ずっと「しゃん……しゃん……」って呟き続けてとうとうおかしくなってきた。しゃん、しゃん……? しゃん、ですよね。

しゃんってなんだ、しゃんって、音じゃなきゃなんなんだ。