類友

ぼーっとしてたら夜になってた。

類は友を呼ぶとよく聞くけれど、実感がない。私と友人A、B、C...が「類」という感じがそこまでない。どちらかというと、(私を除いた)友人A、B、C...が「類」だと思う。「私が仲介するから君たち会ってくれ」と言って会わせてみたらどうなるんだろう。私がそんなこと言われて、友達の友達と会うことになったら百パーセント困るし、遠回しに断るだろうけど、なんせ他人のことなので想像がつかない。

自分の「類」と会ったらどうなるんだろう。この人があなたの類友です、って紹介されたら……あ、楽しいかもしれない。自分大好きだから。ただ、どんなに似ていても結局は正真正銘の他人同士なわけで、もしその人が私と同類なら、距離の取り方がだいぶおかしいことになりそう。お互いにビビりあって何にも話さない、一刻も早く帰りたがる、 LINEを教えてもらっても挨拶(今日はありがとうございました〜みたいな)だけしてそれ以降連絡しない、みたいな……。私の場合、類は友になり得ない(可能性が高い)。

人工知能*1やら何やらで、似通った人間をピックアップすることなんてもうとっくにできているんだろう。それのかなり精度高いver.が開発されてほしい。友になれなくても全く構わないから、「えっ、私じゃん……」みたいな赤の他人と引き合わされてみたい。いろんな現実を見て頭がおかしくなると思う。

ドッペルゲンガーを見ると死ぬという迷信。そりゃあ自分と生き写しのような人間を見たらショック死しちゃうかもしれない。そして、この世には自分と似た人間が三人いるという迷信。ショック受けたくない〜! いやだ〜! 三人もいらないよ〜!

三っていう字を見てたら31のアイス食べたくなっちゃった。

*1:人工知能万能説が私の中にある