速くて長い

いや〜さすがにもう大丈夫でしょ、やりきったでしょ。私なりに人事を尽くしました。正確には「ここまでならやっていいよ」のラインを超えずに、「そこまでやる必要ないよ」のラインを軽々と飛び越えた感じです。理想のところまでは行ってるはずです。ジェットコースターを安全に楽しみました。すっかり気が抜けてしまって、明日から何をして生きていけばいいのかよくわからなくなっています。冬眠とか……?

めっきり冷え込んできて、喜んでいます。もう九月も終わりに近づいているんですね。長かったです。たった十日や二十日前のことが遥か遠い昔のことのように思えます。

泣いたのはいつだったかしら、怒ったのは、頭がおかしくなったのは……。カレンダーを見ても思い出せません。スケジュール帳を見てみたら、先月ほどではないにせよ、まあまあ遊びまわっていたようです。それ以上に負荷はかけているはずなのですが。この日記は普段読み返しませんけど、あまりにも記憶があやふやなので、さらっと2ページ分くらい眺めてみました。「いつの間にこんなことを……?」と思いました。いろんなこと忘れてます。いい塩梅です。

こんだけやりきってしまうと、やっぱり明日からが怖いです。常に情緒がアレなので。情緒が不安定であることって、時に命を脅かします。疲れなきゃいいだけだってわかってはいても、いわゆる予測可能回避不可能のことがバンバンあります。いろんなもの使って、どうにか精神と肉体を保っていかねばならんのかなあ。

まあいいや、最悪、全部ぶち壊してひっくり返してやればいいんだから!! それを選べるのはいつだって私(って思ってないとすぐ潰れます)。