困っちゃうな

今朝もJアラートで起こされた。

ああ空襲警報か、あと何秒かしたらこの辺に落ちたりするのかな、どんな音がするんだろう、爆風はどれくらいなんだろう、と寝惚けた頭で考えた。しばらくしたら、ミサイルは海に落ちたという通知が来て、なんとなく安堵した。戦争してるみたいで気が重くなった。21世紀の空襲はスマホで通知するものなんだと考えると、不謹慎だけどSFっぽくてゾクゾクしてしまう。でも、これはフィクションじゃないから楽しめない。

最近世界中でいろいろ、ミサイルとか爆発とか、人間による人間っぽいことばかり起きていて気が滅入る。火って嫌なもんだ。もし何か大変なことが(しかも人為的なことが)起きても、生活の全てが一気に消えるわけじゃないだろうから、私は四方の壁と屋根とお布団と湯船と猫(の安全)と電気と水とネットの回線と冷蔵庫とPCだけは何が何でも確保したい。できれば服と耳栓代わりのイヤホンも。

あとはシャンプーとコンディショナーとボディソープと洗顔料とスキンケア用品とタオルとティッシュと歯ブラシとiPhoneとその充電器とヘアブラシと眼鏡とリップクリームと頭痛薬と鼻炎薬と……だんだん遠征用セットみたいになってきた。このあたりが私の「最低限欲しいもの」なのだろう。贅沢すぎるだろうか。個人差はあれど(例えば持病がある人なら専用の薬が欲しいだろうし、眼鏡がいらない人もいるだろう)、これぐらいみんな欲しいんじゃないのかな。

私の中では、例えばトリートメントや化粧品やウェットティッシュコンタクトレンズ、酒やコーヒーやチョコやジュース、大きなクッション、ハイヒール、機能的でない服、何色にも光るペンライト、好きなアイドルのコンサート、そういうものが「贅沢」フォルダに入っている。

この贅沢を日々微量ずつ摂取しながらなんとか人生をやっているので、ミサイルなんて撃ち込まれちゃ困るよ。小市民の私には為す術もないけど。

そして、ミサイルが撃ち込まれたその時、私はきっと生きてるんだろうな。

珍しくリアル世界のこと書いちゃった。

 

* * *

あの……本を……作ったんです*1。本というか冊子みたいなものですが。A5版、本文64ページ、オンデマンド印刷、一冊500円です。詳細は以下からご覧ください。

oqodaeki.booth.pm

★本日(15日)までに入金が確認できている皆様へ

お待たせしてほんっっとーーーに申し訳ありません。今夜梱包したので早ければ明日、遅くても明後日には発送できるはずです。発送したら即座に発送通知機能でお知らせします。

*1:連絡事項があるたびこの話をします。くどくてすみません