美味しいワインをしこたま飲みたい

今日は、暇さえあればずっと「赤でも白でもいい、ロゼでもスパークリングでもシャンパンでもいい、とにかく美味しいワインをしこたま飲みたい。焼いた野菜と分厚い肉を軽く食べながら」と考えていた(チーズは好きだけど敢えて避けた)。

手が勝手に情報収集を始めて、ついうっかり面白いお店を見つけてしまい、夢想が始まる。はぁ〜、ここのワイン飲みたい。ここに行ってワイン飲みたい。夕食をどこかの小洒落た店で食べて、そこで軽くビールを飲んでから、22時くらいにここのお店に移動して、しこたまワインを飲むんだ……珍味を食べながら……。

そのうち、完全に妄想の世界に入り込んでしまって、本当にそこのお店に行って美味しいワインを飲んだような高揚感が湧いてきて、頭が痺れるような感覚に包まれた。

でもそのお店、東京にあるんだよね〜。はい死〜。あぁ〜もうそこの店じゃなくていいから、とにかく美味しいワインをしこたま飲みたいよ〜飲み倒したいよ〜。写真見て妄想するだけでこんなにたまらない気持ちになるんだから、今すぐワインを飲みに行きたいよ〜。あぁ〜。サングリアも飲みたいよ〜美味しいんだよ〜。名前も知らないような場所で作られた、新種の美味しさのワインが飲みたいよ〜。あぁ〜。

 

こんなに書いているけれど、ワインが特別好きという程でもない。ワインに関する知識や蘊蓄を一つも持っていないのがその証拠だ。私は、特別好きなことに関しては知識や蘊蓄をいくつも持ってしまう。よって、蘊蓄を持っていない時点で、ワインそのものにはそこまで興味がないということになる。

それでも、ごくごく稀に、死ぬほど美味しいワインを飲んでしまったりすると「これを一本持って帰りたい!絶対に!!」と思う。結局、リアルなお値段がわからないし、聞く勇気もないので、その夢は常に叶わないのだが。

ここ数ヶ月、二日酔いが嫌で、日常的に飲酒することもめっきり無くなった。それなのに、今、こんなにも美味しいワインが飲みたい。

夢想しているだけならお金がかからないし、翌日に怠くなることもないし、一番いいんだろう。それはわかる。

でも、私には身体がある。このどうしようもない、人間になるには早すぎたような、卵割の途中で出てきたかのような自分が、物としてここにある。だったらそこに直接、美味しいワインを流し込まなきゃ意味ないだろ!

ウワーン!酒が飲みたいんじゃなくて、ワインが飲みたいんじゃなくて、美味しいワインが飲みたいです!焼いた野菜と焼いた分厚い肉(牛か鴨か鹿!!あーいっそジビエ!!!)をちょこっと食べながら、美味しいワインを次々と飲み干していきたいです!!

今日はそんなピュアな気持ちで過ごした。