悪夢を経て

あらゆる方法で体力の温存に努めているので、今日は何にも感じなかった、ような気がする。夢を見ていたことを忘れて朝を迎えるみたいに、何かを感じていたことを忘れて夜を迎えたのかもしれない。

結局私は寝ても覚めても、ほとんどのことを忘れてしまうに違いない。

 

そうそう、「夢」で思い出した。

数日前、心身の調子が最悪だったときはとにかく睡眠が浅くて、寝るたびに悪夢を見ていた。内容は似たようなことの繰り返し。しかも毎回毎回リアルで心臓に悪い。目が覚めて一時間ぐらい経ってからようやく「あ、あれは夢だったか」と気づく。それでも、その後数時間は、本当に夢だったのか、実は現実なんじゃないのか、でも確かめたくはない、夢だったと思う、でも本当に夢だったのか……とずっと考え込んでしまう。

今にして思えば、私の頭は寝ている間にも、あんなに嫌なことばかり考えて作り出していなければ気が済まなかったのだろう。脳にお盆休みはない*1。お疲れ様。

嵐が過ぎてしまえば全て他人事に思えるのだから、私の頭の切り替えのなんとハッキリしていることよ。

ちなみにここ二、三日は夢も見ずにぐっすり眠れている。ちょろい。

 

夢分析なんてする気はこれっぽっちもないが、この数日間にわたる悪夢を経験して、自分の内側がなんとなく見えてきたような気がしている。ちょっとだけ。

あれらの夢の内容を詳細に話せば、おそらく「悪夢」とも思わない人がいるに違いない。今、落ち着いている私でさえも「まあ、現実だったとしてもちょっと引きずるくらいじゃない?」と思う。

でも弱り切っていたときの私は確実にそれを悪夢だと認識して、一日中最悪な気分で過ごしていたわけだから、私の弱点はきっとそのへんにあるんだろう*2

だとすれば、私は私のことを結構長い間誤解していた、いや、むしろ意図的に歪曲させていたような気がしてならない。自分で自分の運用を敢えて間違えていた、というか。例えば、この歪曲をやめて、思っていることを本当に垂れ流しにしたら、別人の日記みたいになるはずだ。

自分のことを意図的に歪曲させていたとして、それには理由があったはず。何が原因だったか、なんとなく思い出せる。完全に、あの時の自分の身を守るためにやっていた。

その時の方法が、今の状況にも通用するのか。今後もそれをやり続けるべきか。悩む。そりゃあ護身のためにやってたんだから今後もやり続けるのが無難なんだろうけど、環境は変わるし、私の気分だって変わるし……。どうしよう。

今度友人たちに話してみよう。なにかしらの手がかりはつかめるかもしれない*3

 

2017/08/13 7:40追記

よかったらアンケートにご協力をお願い致します。本作りのためのアンケートです。以下の記事に詳細があります。

http://oqodousiyo.hatenablog.com/entry/2017/08/13/000218

(追記*アンケートは8/15に終了いたしました。)

*1:私にもないけどな!!!!

*2:弱点だからこそ、ここには夢の内容を絶対に書かないけど、でも、つまり、そういうとこ。「まんじゅう怖い」っつったら本当にまんじゅうが怖いんだよ。フリじゃないんだって。

*3:私は最近、ほんっとうに最近、ついこの間、ようやく、自分以外の個体に悩みを話すことの利点に気づいた。相手はそりゃ選ぶけれども