ピーマンを食べたいのに食べられないという人に対して、

「本当は食べたいんだったら少しずつ頑張ってみよう?」というAさんと、

「本当は食べたいんだったら例えばこういうところから始めてみよう?」というBさんと、

「本当は食べたいフリをしているだけではありませんか?自分の心に聞いてみましょう。食べたいのか食べたくないのか……あなたは本当は食べたくないのではありませんか?しかしあなた自身、それではいけないとわかっているはずです。ピーマンを食べる人と食べない人、あなたはどちらになりたいですか?」というCさんと、

「本当に食べたいなら今頃とっくに食べてるはずだグダグダ言うな食えさもなくば一生そうやって泣いてろ」というDさんがいるとする。

私はAさんBさんCさんの言語がうまく頭に入ってこない。文字にすることはできても意味がわからない。耳に入っているのに感覚に入ってこない。自動的に全部弾いてしまう。それが自分にどう向けられているのか、それを聞いて私がどうすべきか、わからない。わからないフリをする以前の問題。

本当はわかりたいんだったら少しずつ頑張ってみよう?

本当はわかりたいんだったら例えばこういうことから始めてみよう?

本当はわかっているのではありませんか?わかっていてわからないふりをしているんじゃありませんか?しかし本当はわからないといけないって、あなたはわかっているはずです。わかる人とわからない人、あなたはどちらになりたいですか?

……マジでわからない。どれもこれも圧が凄すぎて、これ書いてる時点でもう泣きたい。精一杯、「?」への答えを捻り出すなら「別にどっちでもいい」。或いは「その答えってもう決まってるんじゃないですか。なんで一応私の同意を得ようとするんですか。何かを選ぶのってすごく疲れるのでもう黙ります」。全部私以外の何かに向けられた言葉かのように思われて、勝手に全部他人事になってしまう。人の優しさってわからない。たぶん一生わからない。

そしてDさんの言ってることだけよくわかる。なんてわかりやすいんだろう。考える余地がない。

「私は私の思うことしかわからない」の好例だ。

 

結局、人は人によって救われるのだとしたら、私はこんな調子だし、一生救われることはないんだろう。仕方ない。

あと3kmの道のりだとしても、歩けないって思ってるから歩けない。なにかの間違いで沿道に観客が集まって旗を振ってても多分歩けない。だって自分のことしか見えてないんだもの。ハイ解散解散、私はあと3kmが歩けなくて、ここから動けないよ〜地獄だよ〜とか喚いて一人でオイオイ泣いてそのまま行き倒れるんだよ。なんかわかるんだよ。中学生の時からわかってた。救いようがない。

天は自ら助くる者を助くって言うなら、じゃあ私は私のやり方で自分を助けるよ。道端で一人オイオイ泣いて行き倒れることが私の救いなんだ。たぶんそう。幸せとか安楽とかよくわからん人生だった。……としか言いようのない日常を送っている人間に対して、どこかやさしいまなざしを向ける稀有な才能って私は持ってない。

「真剣になにかの儀式に打ち込んだら救われました」っていう話が意外とあるから、じゃあ手っ取り早く神でも信じるかと思って、私に某宗教映画のチケットをそっと渡したあの人に「私、救われたいんですけど……」と言ってみようかと思ったが、そんな勇気もなく、きっとこれを一生やるんだ、死ぬまで、と、またひとつ諦めて、本当に本当に疲れた。