垂れ流しのとき

あのさー、すごくどうでもいい話していい?全然話飛ぶけど。あのね、フッ、フフッ。これ個人的にすごい笑う話、というか面白い話なんだけど。もう笑っちゃうんだけど。

あのね、フヒッ、あのー、○○にすごく可愛い人がいてね。たぶん年上なんだけど。すごく可愛いんだよね、なんていうのかな、顔もなんだけど、物の言い方とか仕草がすごく可愛いのね。たまに気合い入れてる日のヒールがね、黒のパンプスで、靴の裏んとこが赤く塗ってあるルブタンもどきみたいなやつで、まあ気合い入ってるんだなってわかるんだけど、その踵のとこにちょっと傷ついてたりするのね。そういう、ちょっと抜けてるけど、自分の中でルール決めてる感じ、すごく良くない?いいよね。そうそうそうそう。

でね、その人仕事もできるし、なんかすごく……まあ、サバけてる……っていうのかな。うーん、まあサバけてる……でいいや。サバけてて。で、ちょいちょい感情も出すし、その出し方も可愛いのね。イメージ的にはエヴァミサトさんみたいな。家に帰ったらビール飲んでるような。でも年相応の大人っぽさもあるんだよね。疲れた色気みたいな。……あ、Qのじゃなくてね。テレビ版のほう。

で、へェッ、すげーかわいいんだけど、あのー、声質と、気を張ってない時の喋り方がね……フヒッ、あの、あのフヘッだめだもう笑っちゃう、ごめんあの、あの喋り方がね、どう考えてもー、あの、モノマネのレパートリーが……ちょっと待ってね、整えるから。

……はい。あんなに可愛いのに、モノマネのレパートリー、どう考えても、あのー、クレヨンしんちゃんの「野原しんのすけ」にしか、なり得ない声してて……。

いや、マジで聞いた感じほとんどしんちゃんなのね。今日マジで「えっ後ろにしんちゃんいる!?」って思ったから。「あれ、それしといてもらっていーい?(モノマネ)」みたいな。だめだ似ないわやめよ。やめて。ごめん。いやホントだって。今日気づいたんだけど。

それでね、あの人、たぶん、学生の時とか飲み会とかでさあ、何度も何度もしんちゃんのモノマネをさあ、披露させられたんじゃないかって、思うと……「人生」……って感じする。それだけ。それだけです。終わり。ごめん大した話じゃなくて。でもすごく私ツボで。話したかっただけ。飲み会云々のとこ完全に妄想だけどさ。なんかそういうの感じるとき、結構ない?人に歴史あり、みたいな。人に歴史あり"そう"、って感じの。私、あるんだけど。そういうの見ると、「あーっ、たまんねぇー」ってなるわ。「いいなーっ」って。

 

 

*(←アナル)

 

地獄をお届けしました。今日思ったことをそのまま喋るとこういう感じになりそう、という地獄です。本当は二行で終わるはずなのにこうなります、という地獄です。死ぬまで一人で喋れそうです。

イヤホンが断線しかけてるのか、それともイヤーピースが左のだけ壊れ続けてて、仕方なく余ってた一番小さいやつ使ってるのが悪いのか、音楽聴いてると、一部の音が角度によって聞こえたり聞こえなかったりします。おやすみなさい。