逆ハンドルでアクセルを踏む

意図的に年単位でやめていたことを、日常的にやらなければならなくなって困惑している(全くのオフラインのことですよ)。

使わない筋肉が痩せ細るように、それをやる力自体、退化していることに気づいた。さらに、ある種のコウモリが退化した目の代わりに聴覚をフルに使っているように、退化させた力を別のことで補いながらここまで来てしまった。そのため、現在では従来とは別の方法のほうがアクセスしやすくなっていて、気を抜くとそちらばかり使おうとしてしまう。

それで、その「年単位でやめていた」「退化している」ことって何かと言うと、他人の気持ちを想像することだ。最初からかなり苦手なことなのに、中学生になったあたりから変な方向に発達させて変な方向に力を蓄えてしまった。変な方向というのは主に被害妄想で、今でも別に妄想じゃなかったと思い込んでいるほどには強固だった。誰もかれもが私を嫌っていて、私の失敗をどんな小さなことでも目敏く見つけては激しく糾弾しようとしていて、その上、危害を加えようとしている、と毎日本気で思って生活していた。……「誰もかれもが」以外の部分はやっぱり妄想じゃないよなあ。私の中では真実味溢れてる。

ただ、あまりにも疲れるし、環境が変化してそういうことを考えずに済むようになったので、成人を過ぎた頃からやめていた。

それが今になって、正当な(?)方向にそれをやれと言われて、困惑している。他人の気持ちや状況を推し量るなんて、全部テキトーな妄想なんじゃないか。信じられない。しかしこれでは、先ほど書いたことと矛盾する。真実味が溢れるのか溢れないのか、どちらかにしないとおかしい。

私自身が悪いことだけ信じているのか、実際に悪いことだらけなのか、区別がつかない。

現代文のテストを解くんだと思って、人の話に線を引きながらやるしかないのかなあ。登場人物の心境を述べなさい。……心境はなんとなくわかるけど、それを受けてどうすればいいのかがわからない。場数と手数増やせばどうにかなるのかな。

向いていないことを今からやろうとしているのかもしれない。ダメだったら環境が折れてくれるだろうから、テキトーにやろう。向上心必要なし。また変な方向に変な力がつきませんように。逆ハンドルでアクセル踏むの得意だから怖い。

 

そういえば、風邪だと思っていたものは何らかのアレルギー症状だった。薬飲んでおとなしくしています。