スニーカーを買わない理由をぶっ潰す

最近、夜になるとどうしても欲しくなるスニーカーがある。

通販のサイトを眺めて、値段と使う機会と履き心地のバランスを一時間ぐらい考える。当然、考えれば考えるほど購入ボタンから遠ざかっていく。しかし毎晩そのスニーカーのことを思い出してしまうこともまた事実である。

どうすればいいんだろう……。

値段を見れば、そんなに高い買い物でもないけれど、ちょっとだけ気がひける。

履き心地は、ユーザーレビューを読む限りは、サイズの選択を誤らなければそれなりに良さそうだ。少しの段差で足首を思いっきり捻ってしまいそうなほど底が厚いけれど、そこは心配無用。なんせ、私は足首を捻挫したことがない。運動神経が良いとか、足首を捻らないように歩けるとかそういうことではなくて、ただ単に生まれつきめちゃくちゃ足首が柔らかいためである。何度捻っても歩けなくなることはない。

デザインを見ると……これが一番の問題だ。デザイン的にめちゃくちゃ欲しい。履いたらそりゃあ気持ちいいだろう、めちゃくちゃ欲しいのだから。しかし、これを履く勇気がない。

一体どこに履いていくのだ。

私は今何歳だ。

合う服はあるのか。

いろんなダメ出しが頭の中で飛び交って、やっぱり購入ボタンが押せない。

困った。このままでは私は、毎晩毎晩あのスニーカーのことを考え続けては、悩みに悩んで通販サイトをそっと閉じ、もやもやした気分で枕を濡らすことになる。

というわけで本日はこれにケリをつけようと思う。買うのか、買わないのか。

 

今一番のネックは、己の頭の中を飛び交う、抑圧とも理性とも呼ぶべき謎の声である。こいつをめちゃくちゃに叩きのめせば買えるはずだ。買える……よね?よし、叩き潰そう。

 

どこに履いていくのだ

……お出かけ、お買い物、遊びに行く時?

そりゃあ普段はあんなゴツいデザインのスニーカー履けないよ。でも、それ以外の時、例えば友達と遊びに行く時とか、たまに一人でふらっとどこかに出かける時なんかに履いちゃえばいいんじゃないの?

値段の割に履く機会が少ないことが悩みなのであれば、それは「履く機会が少ないため、長持ちする」というメリットを持ち出せばトントンになるのではないの?

ていうか、履いちゃえば。ちょっと奇抜な格好の人、このクソ田舎にもちょいちょいいるし、まあなんていうの、若干おしゃれピーポー気取ればいいんじゃないの(ハナホジ)。

一年三百六十五日使いたいから、という理由で今まで靴を買ったことがあるの?ないよね。今回の買い物もそういうことでいいんじゃないの?普通に買えるし。早く買えば早く買うほど履く機会も増えるんだよ。

とうわけで、「どこに履いていくんだ」は買わない理由にはならない。欲しいんでしょ。

 

私は今何歳だ

わかってるよ。年齢をわきまえろって話でしょ。まあ言いたいことはわかるよ。

しかし、年齢をわきまえてどうする。

そりゃあ、年齢をわきまえるべきときはわきまえるさ、しかしそれとは別に、着たい服を着たい、そういう瞬間があるじゃん。それこそTPOですよ。Tは着たい時、Pはおしゃれしていい場所、Oは年齢をわきまえなくていい状況。これでOKじゃない?

なによりさあ、今後の人生で今の私が一番若いんだよ。

年齢のこと気になるなら今すぐ買えばいいじゃん。

というわけで「私は今何歳だ」は買わない理由にはならない。欲しいんでしょ。

 

合う服はあるのか

合う服は、ありまぁす!!

いや、本当にあるって。あれ、一見奇抜だけど多分今の流行りだし、色は黒だから、ぶっちゃけ何にでも合うと思うんだよ。そもそもああいう靴が合う服装をしたい、というのが私が現在唯一持っている欲なんだから、役者はすでに揃ってるんだよ。あとはあのスニーカー、お前だけだよ!

それでも服がなかったら、GUでもForever21でもどこでも行って買ってこい!!! できればForever21がいいなーーーーー!!!!  ZARAでもいいな!!!

というわけでやっぱり「合う服はあるのか」は買わない理由にはならない。錯覚だったんだから。

 

 

……だいたい潰したな。よし。

あとは銀行の残高とクレジットの支払い額と相談だぜ!!!!!!!

(これが一番きつい現実だったので世界が終わった)

広告を非表示にする