さっぱり〜

やらないといけないことが気づいたらめちゃくちゃ増えていて、全部同時進行なので完全に参っていました。やることが多い、それだけで気力って削がれるものなのですね。自分で管理しなきゃ。この一時間で一個一個片付けました。

無理やり片付けなければならなかったことが一つあって、それは来月の予定を決めるということでした。これが今決まらないと後々なんらかの何かが響いてくる可能性が(自分の中では)あったのでギリギリまで悩もうとしたらもう時間切れ直前。

苦悩する途中でふと気づきました。予定が決まらないってことは、もともと予定なんていうものがないということです。ないもののために費やした脳みそ。うっわバカ〜。取り越し苦労〜。はい、あっさり終了〜! イエーイ!

次に、わりと重要度高めのことを一つ、ゴリゴリ悩みながらまたしても私の中で一旦終了。お疲れ様でした〜!

ちょっと考え方を変えたり、頑張ったりしたらすぐ終わることにこんなに苦しんだこと、意味わかりません。すべては「同時進行」の罠です。同時進行、それは、私にとっては認知資源を極端に減らしてしまうもの。一個ずつ地道に時間かけてでもやればこんなに苦しく過ごさなくて済むんだから、今度から気をつけまーす(ハナホジ)。

 

ああ!なんにもやりたくないぜ!私は本当はなんにもやりたくねえんだ!

以下に、最近一番ゴリゴリに苦しかったときに書いておいたものを置いておきます。すごく無茶なこと書いてるけど、何考えてたんだろう。供養。

おやすみなさい。先にお口直し置いときますね。


℃-ute「Danceでバコーン!」(Dance de Bakoon!) - Hello! Project Hina Fest 2016

なんも面白くない、なんも。住みたいとこなんてどこにもないやりたいことなんて一つもない。やり切ってるっちゃあやり切ってる。

私が欲しいのは駅のホームで突然歌い出しても誰も聞いてないし何にも思わない、みたいな世界でそんなもんどこにもない。

どこかの田舎の隅っこの方に土地を買って田んぼの真ん中で歌えばいいとかそういう話ではなくて、要はやりたいときにやりたいことを突然やっても誰も何にも思わない、社会の規範みたいなものが全く適用されない環境が欲しい。

人間がいると社会が形成されるのでマジで引きこもるしかないのかな。ルールを守ることが快感、というタイプではない。一生一人でいたい。突然奇声を発したい、突然なんでもやりたい、突然……。そういうことにもまたすぐ飽きてしまう?例えば一人で皿を何枚も粉々に割ったとしても片付けるのが虚しい?だから人はディズニーランドに行くの?だから人は旅行するの?世界を捨てて世界に捨てられて、を繰り返すもんなの?

焼畑農業みたいに世界や人間を消費する、その間に寿命がやってくるといいなあ!

人間及び人間関係に関してはこれまでの人生でもう随分消費している感じがある。しかしまだまだ人間はいるし(ほとんどの人とコミュニケーションとれないけど)、いざとなれば、人間は新しく作れるからね(年齢、健康、タイミングなど諸々の問題が偶然オールクリアならね)(そしてそんなことのために作る気は私には無いけど)。

……待って、人間は新しく作れる、って気づいた時の感情、ヤバい。安っぽいサスペンスみたいなこととか、とにかくいろんな最悪なことを考えてめっちゃ冷静になって、昼飯のポテトとドーナツ吐きそうになった。最悪だ。強い気持ちが消失した。高いビルを探すような日々に戻ろう。