ブラッシング・トゥナイト

髪を乾かそうと思ってドライヤーを構えた瞬間、「ブラッシング・トゥナイト」という文字列が出てきてしまった。これは曲名だな、と思った。

きっとサビの歌詞なんて"ブラッシング・トゥナイト ブラッシング・トゥナイト トゥナイト"とかそういう感じだ。やばい。曲をつけるとしたら、ゴッドタンのヘブリカンみたいなやつか、逆にめちゃくちゃオシャレなキラキラした感じになるだろう。とにかく雰囲気でゴリ押すタイプだ。

アホじゃん。作曲能力欲しかったような、なくてよかったような……などと考えてニヤニヤしていたら、髪の毛が乾いた。

散々言われていることだろうけど、なんでもかんでも「トゥナイト」をつけたらそれなりに曲名っぽくなって可笑しくなってくるんじゃなかろうか。カタカナで「トゥナイト」なのがミソだ。決してtonightなんて書いちゃいけない。カタカナだからこそ出てくるバカバカしさ或いはオシャレさが絶対にある。

 

……ここまで書いておいて、既に「ブラッシング・トゥナイト」という曲があったらどうしようと不安になった。

早速ググってみた。とりあえず、5ページ目までは見当たらなかったので、無いのだろう。正しくは、2017年6月3日にgoogleで検索して、5ページ以内に出てくる「ブラッシング・トゥナイト」は存在しない。

ウーン、近未来。もはや現代。現実がサイバーパンク。グーグル・トゥナイト。あっ、けっこういい。SoundCloudあたりにありそう。海外の人が作ってそう、グーグル・トゥナイト。たぶんインスト曲。電子音のへにゃへにゃしたような曲。ベタすぎるかな。

 

いいぞいいぞこの調子。一生こういうことばっかり考えていたいな。自分だけが楽しいことばっかり考えていたい。いっつもそうか。じゃあもういいか。

実際今日考えていたことは、体の制御がうまくいかないとか、なんでコーヒー飲んでんだろうとか、物を食べるって大変だなとか、雨降るのかなとか、横になりたいとか、なんでこんなことしてんだろうとか、昨日試したシャンプーが意外とよかったとか、「必要無い」と「無駄」の境目とか、概ねそんな感じでやっぱり自分だけが楽しいことばっかりだった。自分だけが楽しいというか、世界的にどうでもいいこと。無駄なことをするってほんっとうに楽しい。

いつも通りじゃん。いつも通り・トゥナイトじゃん。語呂悪いな。しかし心が平穏だな。平穏・トゥナイトで花丸・トゥナイトじゃん。くどい。あと1時間ぐらいはトゥナイトで笑えると思う。めでたしめでたし。