読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星々

 今日本当に頭がずっと痛くて吐き気もすごくてやばくて疲れて本当に明日も生きていけんのか?死ぬのでは?とか思っていたんですが、ものすごいミラクルハピネスQOL爆上げ覚せい剤系ドンドコパフパフシャンシャンシャン奇跡ミラクル実在非実在爆弾が投下されて、全部吹っ飛んだ。

 

この世には、奇跡があるんですよ。

あるんです。

あるんですよ。ありました。さっき、この目で見て耳で聞いて心で感知しました。

 

 奇跡が目の前に現れたとき、この私にさえも与えられたとき、私がやるべきことはただひとつ。奇跡の存在を信じること、どんなに嘘っぽくても奇跡が起きたことを真っ先に認めること。私が疑っている間に奇跡がどっかに行っちゃったら悔しいですものね。

 そして、すぐさま全身全霊でしゃぶり尽くすことです。私の場合、まず最初に食べます。手づかみで食べます。私の血と肉と骨になることを本気で願って奇跡を食べます。骨の髄まで。どんなに歯が欠けても、唇が裂けても顔が汚れても舌がおかしくなっても。

 血となり肉となり骨となるまで貪ったら、一旦冷静になります。

「これ現実? 非実在現実なのでは?」

「私はもう死んでいるのではないか」

「もしやこの頭が狂ったのではないか、この世にないものが感じられているだけなのでは」

 どう考えてみても、頬をつねってみても、誰かに確認しても、課金が済んだというメールが届いても信じられないことというのはこの世に本当にあるのです。

 今でもこの奇跡が信じられないままでいるのは、今までずーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとこの奇跡を待ち望んでいたのに、一向に与えられなかったからです。

 例えば、昨日まで無かった一億円が、今日突然もらえたら、いろんなことを疑うと思います。これはドッキリなのでは、これはヤバい金なのでは、罠なのでは、と。

 しかし、何度確認してもあるのです。動画、ある。音源、もう買えた。聞いてる。ある。奇跡めっちゃある。奇跡、奇跡なんてそんなチャチな言葉じゃないよ!!!!!これはもう!!!!!!!爆弾だよ!!!!!!!しかも、ある種の人々が全員幸せになったり瀕死になったりする飴の爆弾ですよ。

 あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜これ本当に無限に聞ける、何度も聞けて見られる奇跡、やばい、やばいなあ。ああ……。

 何年待ったと思ってる。ごめん、嘘。待ってたのは本当なんだけど、もう何年待たされてもいいから、いっそ10年後でもいいからって思ってたの。わたしが生きてるうちは、ずっと待てる。本当に、そう思っていたんですよ。

 そしたらもう、こんなすぐくるじゃんあ〜〜〜〜もう、あ〜〜〜〜〜もう、あ〜………これは……シャブですわ……。奇跡とかそんなチャチなもんじゃないよ。ごめん。奇跡はチャチじゃないよね。奇跡ごめん。

 これは奇跡のその先の、なんか……。例えば救いのようなものであり、地球人がたどり着けそうもない宇宙の果ての星たちのあらゆる界で一番鮮烈で美しいきらめきの一刹那、です。急にポエみはじめるの、頭おかしいですけど、頭がおかしくなったんですよ。

 

 とにかく、この数十分で、最近で一番元気になりました。今、この一瞬だけは五月にも梅雨にも全然勝てそうなくらい元気です。ありがとう。いろんなところに、ありがとうのお金とお手紙を用意したい気持ち。幸せだから態度(金と数字)で示すんだ。時間は流れるものだから。おやすみなさい。