読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の流れかなあ

 今日は一日中そわそわしていて、慣れないことをやったからというのもあるけれど頭が疲れて、ついでに体も疲れた。

 そんな中、どデカいニュースが飛び込んできて本日は本当にいろいろな意味で終わった。

 時間は流れるんだなあという気持ちでいっぱい。

 よく物をなくす。部屋が散らかっているせいかもしれないけれど、散らかっているなりに物の置き場所は決めてある。手が届きやすくて、視界に入りやすい場所にいつも置いていた物が、今日は見当たらない。

 どこかに落ちたかなと思って周辺を探しても見つからない(物を探すのが下手くそでもある)。部屋には誰も入っていない(と思う)のに、なぜ消えるのだろう。

 時間の流れかなあ。

 

 ……全部「時間の流れかなあ」で説明するのが楽しくなってしまった(「世界的にそういう時期なのかなあ」という姉妹品もある)。いいなあこれ、どんどん使っていこう。

 

 昨夜、爪を切った。爪を伸ばしておくのが苦手で、毎回深爪ぎみに切ってしまう。マニキュアが似合う爪にしたくて少し伸ばそうとすることもあるけれど、形を整えるのも苦手だから、あまり長続きしない。ほとんどの時期、私の爪はいびつな深爪である。

 今日、とても顔の整った女性と話した。外国人かと思うような美人だった。でも表情はどこか疲れていたし、その美しい顔には似合わないような濃いアイラインを引いていた。とにかくアイラインだけが美しい顔の中で不気味なほどに浮き上がっていた。それに気づいた時、ただただ「なぜこんなメイクなのだろう、もったいない」と不遜にも思ってしまった。

 その後、ふと自分の右手の親指を見た。昨夜、変な形に切ってしまったこの爪。あの女性の雰囲気とよく似ている、と思った。理由はわからないが、なんとなくそう思えたのだ。

 時間の流れかなあ。

 

 ……いや、時間の流れではないな。本当にただ「なんとなく」だな。「なんとなく」と「時間の流れかなあ」は似ているので、「時間の流れかなあ」が行き場所を失ってしまったようだ。修行が足りない。

 

 ごめん、今日はとにかく全部「時間の流れかなあ」で片付けたい気分なんだ。マスター、「時間の流れかなあ」1杯、キツめで頼むよ。すみません、ボタンエビと、白子の軍艦と、「時間の流れかなあ」1つずつください。お風呂上りにふかふかのバスタオルと、ニベアのボディクリームと、「時間の流れかなあ」。おにぎりがおひとつ、肉まんがおひとつ、コーラがおひとつ、「時間の流れかなあ」おひとつ……年齢確認にご協力お願いいたします……。恐れ入ります、わたくし、「時間の流れかなあ」のXXXと申します。

 時間の流れだなあ。時間の流れであることよ。今日は、とにかく。