「気が強くなるには」考

 最近いろんなことが「たいしたことないな」「取るに足らないな」で済むようになったのは、タフになったのか鈍くなったのか。それとも単なる傲慢か。

 人間なんて傲慢でなんぼだと思うけど、こんなこと考えてるうちはまだ、心のどこかで傲慢を危惧しているということだ。

 修行が足りませんなあ。もっと気が強くなりたい。

 

 気が強くなりたいときに何をすればいいのかなんて全然思い浮かばないけれど、例えば真面目な話をしているとき、テーブルの下に情けない何かがいて、そいつをぐりぐりと踏みつけている妄想をすると、ちょっとだけ気が強くなる。喋り方も鷹揚になり、心に余裕や慈しみさえ芽生える。ほんの一瞬だけだけど。

 ただし、もれなく顔がにやけてしまうので、真面目な話には全然向かないやり方だ。顔が見えない相手であれば、こちらの喋り方が突然堂々としはじめるから、「なんだこいつ」と思うかもしれない。「なんだこいつ」って言われても、こいつは真面目な話の途中で突然気が強くなりたくなって、妙な妄想を始めた人間です、と答えるわけにはいかない。

 ただ、このようにして気を強くしている人間がいるということだけ、ここに記録しておこう。私のライフハックの中の一つとして、ね。夜は長いからね。

 

 こういう妄想法以外で、気が強くなる方法を知りたい。どうしたらよいのか皆目見当もつかない。考えたこともなかったから。

 手っ取り早く筋肉かな、と思って、とりあえず二ヶ月半くらいは、家にいない日以外は毎日筋トレを続けている。筋肉がつくと、見た目にも現れるし、謎の安心感が生まれる。今後も続けるだろうけど、これで気が強くなったかと言われると……わからない。別に、人を殴り飛ばせるような鍛え方をしていないので、気は強くならなかったかもしれない。

 でも、筋トレをもっと続けていけば、もっとムキムキになって、「こんなやつワンパンで殺せるぞ」って自信がついたら、気が強くなれると思う。

 いや、待てよ。筋肉を鍛えるよりも先に、武器の扱い方を覚えておいたほうが気が強くなれそうだ。「こんなやつ、これ使えば一捻りだぞ」って想像できた時点で、気が強くなりそう。

 よし、わかった。気が強くなりたいので、合法で所持できて、扱い方も比較的容易な、でもよく効く武器の扱い方の練習を頑張ろう。そうしよう。

 ところで、「合法で所持できて、扱い方も比較的容易な、でもよく効く武器」って何があるんでしょうか。できれば免許もいらないもの。あるかな? 教えて! Wikipedia先生!!

武器 - Wikipedia

 この中で、

  • 合法で所持できる
  • 扱い方が比較的容易
  • よく効く
  • 免許いらない

の条件に該当しそうなものは……釘バット、鞭、かしら。

 ありがとうWikipedia先生。それっぽいものを、家でめっちゃ素振りしておくことにするね。これで、気が強くなれるかな!

 いや、なるのだ。がんばろ〜。おやすみなさい〜。