読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンケーキにじゅくじゅくのシロップをかけて食べたい

 今朝見た夢のせいで、無性に星乃珈琲店のパンケーキが食べたくて仕方がなくなってしまった。めちゃくちゃ食べたい。

 シロップを不安になるほどたくさんかけてかけてかけて、嫌になるほど染み込ませて、頃合いを見計らって更に染み込ませて、もっともっと染み込ませて、駄目押しで染み込ませて、甘々のメットメトになったパンケーキをナイフで切って、フォークで刺して、じゅわーって滲み出てしまうシロップを貧乏くさく再び染み込ませて、速やかに口に運びたい。

 舌に触れた瞬間に、想像しただけで頭がおかしくなりそうな甘さ。ふわふわのパンケーキ、噛みしめるほどにシロップ。こうして髄液が全部はちみつになってしまう。ブラックコーヒーを流し込んで意識を取り戻す。そしてまた私はパンケーキを切る、刺す、パンケーキでシロップを貧乏くさく回収して、速やかに口へ。咀嚼。多幸感。コーヒーで意識を取り戻す。食べ終わってしまうまで私の髄液は何度もシロップになってしまうし、何度もコーヒーで意識を取り戻す。これが合法の食べ物で、普通の飲食店で提供されているだなんて、法律なんてのは随分とガバガバですなあ。

 

 でも今日は食べに行けなかったので、代わりにサーティワンアイスクリームへ。大好きなコットンキャンディーが復活していたので、嬉々として食べる。一口で頭が幸せになる。

 一年に一度しか食べられないなんて悲しすぎるけど、こんなの毎日食べていたら本格的に頭がバカになってしまうだろうから、期間限定でいいのかもしれない。来年の今頃には、きっと復活しておくんなまし。後生ですから。期間限定のものはいつも私を置き去りにする。いつも私は置いてけぼりで、また来るかわからない愛を待ち続けるの。

 そもそも、来年またコットンキャンディーが復活したとして、1年後に私が生きてるかは知らんけど。

 

 諸々あり、やらなければならないことがやらなければならないことを圧迫している。明日に全部カタをつけられたらいいのだが……。

 いや、明日全部じゃなくてもいいのか。期限を考えると明日じゃなくてもいいのはたくさんある。まあなんでもいいから明日できることはやろう!

 優先順位という概念を忘れてしまうと、こうやって「今すぐ全部やらなきゃ!」になって、精神的に自分を追い詰めて死ぬことがあるので、冷静になることが大切。ということを思い出すことが大事。つまり、私はいま大事なことをしたわけだ! えらい! すごい! やばい!