アンジュルム『愛進愛退』にまつわる妄想

 BSスカパー!でひなフェスの中継を見ました。優勝しました。

 中でも、今日いちばんエモかった、というかなぜか涙が出てきてしまった、アンジュルムのこちらの楽曲について今日は語ります。

 『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』です。長い曲名なので、以下では『愛進愛退』と略しますね。

 ちなみにMVはこちらです。


アンジュルム『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』(Promotion Edit)

 今日のひなフェスで、アンジュルムが『愛進愛退』を歌っていました。

 画面を見て、彼女らの生歌を聞いてついでに歌詞を聞いて、それを一気に噛み締めると、本当につらく悲しくやるせない気持ちになってしまいました。涙腺が本当に危なかったです。いや多少涙をおもらししたかもしれない。的確に「ウッ……」ってなる曲でした。

 

 発売当初から思っていたのですが、愛進愛退、歌詞が本当にいいです。

 歌詞はこちらです。

sp.uta-net.com

 これを、この年代の女の子たちに歌わせるのが最高です。

 歌詞の内容はね、まあよくあるっちゃある「ネットのつながりだけじゃなんにもならない、この身体で会いにいって触れたい」という話です。℃-uteさんの『デジタリック→0(LOVE)』もそんな感じの話でしたね。「1000の絵文字よりシャンプーの香り」というものすごいフレーズがある曲なんですけど。

 

 まあそれはいいとして。

 

 タイトルがとても長いですよね。そして、妙にひっかかる。

 

 愛のため今日まで進化してきた人間 ←わかる

 愛のためすべて退化してきた人間 ←わからない

 

 なんで人間のことこんなに言うんでしょう。退化しただなんて。それに、主語がデカすぎます。「人間」にこんなに呆れてる若い女の子ってすごいですよね。

 今回はこの妙なタイトルはなんでこうなったのか、めちゃくちゃ妄想しました。

 

 

 愛のためなのかは知りませんが、人間が進化してきたというのは、歌詞の中にもある通りめちゃくちゃ発展してるから「わかる」のです。

 しかし、人間はそんなに退化してるかなあ。そんなにしてないと思うんだよなあ。という部分がひっかかって仕方ありませんでした。

 歌詞を読む限り、どちらかというと、

進化・発展してきたからこそ便利になった部分が、人間のもっているもともとの性質の不便さを浮き彫りにしてしまっている。

という状態ではないでしょうか。

 

 そんな感じでうんうん唸っていたら、気づきました。

 退化したとも思えない人間に対して「退化してきた」と断言している理由。

 これは歌詞の主人公である女の子たちの、「人間(及び、人間であること)」に対する怒り・焦燥感・やりきれない思いの表現なんだな、と。

 そして、それらの思いの源はただひたすら「寂しい」なんですよね。

 

 

 歌詞の主人公の女の子たちは、地球や都市に対して、怒ったり煽ったりしています。

イジワルな地球(ホシ)よ

自然も資源も全部用意しといて 

一番ほしいもの よりにもよって

はぐらかし続けてるのね 

別に地球がいじわるしてるわけでもないのに。

こざかしい都市よ 

経済発展遂げておいて

一番大事なこと ただそれだけ

思い出せないままなのね

別に都市がこざかしいわけじゃないのに。

 

  そんなこと、彼女たちはわかってるんですよね。だから、2番のサビの歌詞では

愛のためすべて退化してきた人間

なのにまだ寂しいの! 

 と、「人間」に対して呆れ半分に詰めていますこの辺を聞いてると、「ほんとに人間って悲しくてしょーもない生き物だよね、人間でごめんね……」と思って涙が出てきます。今日も出ました。エモすぎます。

 

 彼女たちは、地球に怒り、都市を煽り、ついには人間は退化(これは、曲の中では進化の裏返しの部分だろう)したと断じて「なのにまだ寂しいの!」と呆れてしまう。

 ここだけ抜き出すと、なかなか激しいことを言う女の子だな。という印象になるのですが、彼女たちがここまでデカいものに対して理不尽にキレているのは、実はとても単純な、でも切実な理由なのです。

 それが、おそらく

「(いま・ここにしかいられない自分へのやりきれなさと、人間であるが故の)寂しさ」です。

 

 歌詞の中からいろいろ拾ってみましょう。

 1番のサビでは

愛のため今日まで進化してきた人間

なのになぜ寂しいの?

(Lonely Lonely Lonely Night) 

 と歌っています。主人公が寂しいと思っていること、今はロンリーナイト=一人の夜、であることがわかります。

 2番のサビでは、「なのにまだ寂しいの!」の後に

(Love me, Love me, Love me Now)

と続きます。今、愛してくれ!と、コーラスなので控えめに、しかし強く主張しています。内に秘めた切迫感や焦燥感を感じます。

 

 また、歌詞に出てくる主人公の欲求を集めてみましょう。

GPSテルミー 確かな現在地

迷わないように  

早く私を見つけてよ

高速電波飛んでないところでも

見つけてほしいの

 このあたりは

  • 迷わないように、私の現在地が知りたい
  • 電波が飛んでなくったって、早く私を見つけてよ

という感じですね。

 自分の現在地を聞くのは迷いたくないから。というのが非常にかわいい。迷う年頃なんですよねきっと。

 電波が飛んでなくったって、早く私を見つけてよ!というのは、もう「探さないでください」の逆ですから、めちゃくちゃバイタリティにあふれてますね。しかも、電波が飛んでないところでも見つけてほしいのですから、相手(おそらく人間)の根性、そして自分が相手にどこまで想われているかを試しています。

 電波が飛んでないところで他人を見つける。これは、今の人はなかなかやらないことじゃないでしょうか。「いまどこ」「XXの前」ってLINEでやりとりしたらすぐですからね。

 ですから、「それができないところでも、私のところに早くきてくれ! そして、そんな状況でもあなたが私を探し当てたという事実で心を満たしたいんだ!!」という猛烈な焦燥感と空虚さが混じり合っています。その源は「逢いたい」気持ち、つまり「寂しさ」です。

 欲求集めの続きをしましょう。

LED画面 よりもこの顔面

そっと撫でてほしい 

今すぐには逢えないよ

始発電車動き出さなくては

逢いにいけないよ 

このあたりは

  • 直接逢って触れてほしい
  • でも、今すぐには逢えない。始発電車が動き出さなきゃ身体ごと逢いにいけない

という、肉体がある故の寂しさ、そして肉体がある故の不便さを実感して、やりきれない気持ちになっているんだろうなと思います。部屋で一人、スマホ抱えてうずくまるしかないですよね。

 人間に対して激詰めしていた彼女たちもまた、自分が人間であることに気づく。というのが2番のサビなので、「始発電車が動き出さなきゃ逢いにいけない」という結論にたどり着いた時は虚しかっただろうなと思います。

 身体がいらないならlainのようにワイヤードに行けば済むのですが、LED画面よりも顔面を撫でてほしい彼女たちですから、そうもいかないのですよね。

 身体と身体で触れ合いたい。でも身体があるからこそ、今すぐには逢えない。

 人間はどこにでも行けるように(逢いたい人に逢いやすくするために)めちゃくちゃ頑張って交通網を発達させてきた。

 しかし、ここまで発展させてもなお「逢いたいとき、いつでも逢える」は達成できない。それは、人間が身体をもっているから。でも、今この身体で触れ合いたい……。

……これがこの曲で語られる「人間という生き物の仕方なさ」なんじゃないかと思います。人間のジレンマでもありますよね。

 人間だから寂しいのに、人間だから今すぐ逢えない! 人間って本当に仕方ないですね。

 

 他にもいろんなポイントがあるのですが割愛するとして。

この曲の歌詞を、「寂しい」を起点に考えていくと、あの奇妙なタイトルにつながるんだろうなっていう、ただそれだけなのにめちゃくちゃ書いてしまいました。

 並べてみましょう。

 

「寂しい」

「今すぐ逢いたいのに、なんで今すぐ逢えないの! 都市はこんなに発展してんのに今逢えないなんてさ! 人間は何やってんだ!

「わたしは直接逢いたいのに、あいつはネットでやりとりするだけで満足みたい。寂しくないの?  電波があるから寂しくなくなって、逢わなくてもよくなったの?  それなら電波なんてないほうがよかった。人間は余計なことしたんじゃないの?  電波なんてなくても、あの人が私を見つけてくれたらいいのに」

「地球にはなんでもあるのに、今すぐ逢うための手段がまだないなんて! 人間は何をやってきたんだ!

「寂しい。それなのに、始発電車が動き出さなきゃ逢いにいけないなんて、人間ってのは本当にもう! なんでもかんでも便利にしたくせに、寂しさ(愛由来)は全然どうにもならない! 今まで人間は何のためにやってきたの!

人間って、愛のために進化してきたのに、全然だよね。むしろ何もかも退化してんじゃないの。なのにまだ寂しいなんてほんとに、人間は何をやってるんだろう……」

↓ 

これが、もろもろあって

『愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間』

という、軽い人間dis、主語デカ案件、若い女の子が「人間」に対して呆れきってる、という妙なタイトルになるんでしょうね。児玉雨子先生。ほんとうに良い歌詞をありがとうございます。

 

 なにもかも、すべては寂しさゆえ。この歌詞の彼女たちは本当にかわいいですね。

 

という、

 

 妄 想 で す 。

 

 すっきりしたので寝ます。おやすみなさい。優勝。