読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょむきょむぷりん

雑談だ

 むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。ちなみに、私は今この辺に住んでいます。

 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へお洗濯に行きました。ちなみに私は所用があり、外に出ていました。

 おばあさんが川でお洗濯をしていますと、大きな桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきました。ちなみに、私が外で用を済ませていましたら、大きな疑問がどんぶらこどんぶらこと流れてきました。

 おばあさんは大きな桃を割ってみました。すると、なんということでしょう。男の子が飛び出してきました。ちなみに、私も大きな疑問を割ってみました。すると、なんということでしょう。虚無が飛び出してきました。

 おじいさんとおばあさんには子供がいませんでした。なので、男の子が現れたことを大層喜び、「桃太郎」と名付けて大切に育てました。ちなみに、私には虚無がよくあるので、特に喜びませんし、名前は最初から「虚無」です。大切にしているつもりもないのに、虚無はどんどん育っています。

 ある日、桃太郎は鬼が島に鬼退治に行くことになりました。おばあさんは桃太郎にきびだんごを持たせて、桃太郎を送り出しました。ちなみに、私の虚無はどこにも行きません。送り出すことも諦めました。

 桃太郎が歩いていると、サル・犬・雉がそれぞれやってきて、きびだんごと引き換えに旅のお供になりました。ちなみに、私の虚無は虚無ゆえにさまざまな感情を引き起こします。何を食べているのかもわかりませんから、何かと引き換えにお引き取り願うこともできません。

 桃太郎とサル・犬・雉は鬼が島にやってきました。鬼がいました。全力で殺しました。お宝をゲットしました。ちなみに、私の虚無は私を全力で殺そうとします。

 鬼が消えて、桃太郎は金銀財宝を持ち帰って、おじいさんとおばあさんは世界一Happyな女の子(或いは男の子)になりました。ちなみに、『世界一Happyな女の子』のPVの始まり方は、ちょっとだけ『ドリフの大爆笑』みたいです。虚無をアルコール消毒するような音声ばかり聞いてしまいました。

 ここで一句。「しづかさや 虚無に染み入る 推しの声」

 めでたしめでたし。ちなみに、私が最近虚無になったトピックの一つは「zozoタウンのツケ払いシステムの存在」です。

 

 

 どうせだからちょろっとツケ払いシステムのことでも考えて寝ようかな。虚無が居座っていることだし。

 あんなの……あんなのこわい……。どこかにおそろしいことが起きそうな気がして……。しかも全部「人間は悪い」「社会は悪い」「こわい」「つらい」あたりに落ち着きそうな気がして……。

 ああ怖がるだけになってしまった。エネルギー落ちてる。めでたしめでたし。虚無にやさしい音楽聞いて寝ます。おやすみなさい。