読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「モッズコート」の「ズ」

 もう我慢できないので言いますが、「モッズコート」の「ズ」の寸づまり感、すごく気になります。モッの後にズ、非常に相性が悪い気がしています。

 英語だとMods coatとのことで、google翻訳で発音を聞いてみました。やっぱりすごく寸づまりな感じがします(機械音声の問題かもしれませんが)。

 

 「モッズコート」と言うときは、何かを非常に我慢しながら発音しています。その「何か」がなんなのか、いまだによくわかりません。

 いま敢えて言語化するなら、鼻と息と舌と歯の関係に問題がある感じがします。「モッズ」と言うとき、ギスギスした職場が口の中に形成されてしまう、といったところでしょうか。ところでしょうかって言われたってわかんないよな。めちゃくちゃだよな。

 歌詞に「モッズコート」が出てくる曲ってあるんでしょうかね。他人の「モッズコート」がどんな感じで出てくるか、じっくり何度も聞いてみたいです。寸づまり感のない「モッズコート」があるなら是非聞いてみたいものです。「ああ、こんな風に言えば何も我慢しなくていいんだ!」と気付きたい気持ちでいっぱいです。探さなければ。

 いま、別のタブを開いて「モッズコート 歌詞」でググってみたら、セカオワさんのドラゲナイの話ばかりがhitしてしまいました。試しにDragon nightの歌詞を読んでみたものの、モッズコートに関する言及などありませんでした。

 そりゃそうじゃ! と脳内のオーキド博士が叫び、私はタブをそっと閉じました。

 

 モッズコートとは逆に、言っているだけで気持ちいい言葉というものもあります。

 例えば「ベーコンエッグ」です。「ベー」でなんとなく始まって、「コン」で軽快さが飛び出すと共に少し音がこもりますが、「エッ」でこもりは即座に解消され、「グ」でなんとなくしめちゃう。ストレートな気持ちよさではありませんが、緊張と緩和を一度に楽しめる気がして、お気に入りです。なんとなく美味しそうに響くところもポイント高し。

 意外と気持ちいいのは「新春シャンソンショー」なのですが、早口言葉ゆえに達成率が低く、たまに歯がゆい思いをします。

 ただ、ゆっくりと、ぼーっとしながら呟くときには最適です。しんしゅんchansonしょー……です。chansonでどうしても鼻を使わざるをえませんが、あとはほぼ吐息でいけます。素直にしんしゅんしゃんそんしょーと言えばもっと楽です。口元はしゃわしゃわしてくすぐったいのですが、それが良いです。まったりできます。深呼吸の代わりにもおすすめです。

 

 口ずさむと気持ちの良い曲というのもありますが、それはまた今度書くかもしれません。

 どうでもいいことをたくさん書けて、今日も満足です。おやすみなさい。


めざせポケモンマスター