た、たましい!の、浄化!

 「定期的に、この人の歌を聞いたり歌ったり、歌詞を読んだりしないと魂が腐ってしまう」と思う歌手がいる。

 ふだんの私なら、「た、魂!!」なんて絶叫して、白目を剥いてしまいそうな話だ。魂なんて、そんなものがあったら私が一番困る。

 それならば、なんと言い換えれば適切だろうか。何に置き換えても抽象的な言葉にしかならないけれど、「心性」あたりが近い気がする。意味はこんな感じ。

dictionary.goo.ne.jp

 

 でも、面倒だから今回は便宜上「魂」にしておく。た、たましい(白目)!!!

 

 単なるオカルトだしファンタジーだから、こんなこと言うのも恥ずかしいくらいのレベルだけど、私のイメージの中に、私の魂らしきものが見える。なんとも平凡なことに、水の入った透明な球体である。それでこれが、定期的にメンテナンスしないと、どんどん淀んで腐っていくらしい。

 その魂らしきものが腐っている事にも気づかないまま、今日までかなりの時間を過ごしていた。己の心の淀んでいることに、こんなになるまで気づかなかったなんて。

 

 腐った心や魂に効くのは、結局「憧れ」だった。

 憧れがないと魂が澱む。腐る。すると、どうなるか。「なにがなんでもやる」という気持ちが消える。「私がやる」という気概が消える。そんなふうにして目隠しをされ、牙を抜かれ、去勢されたことにも気づかないほど鈍感になっていた。

 何の憧れも矜持もなく、魂を腐らせたままで生きる。そんな私なら死んでおいたほうがマシだ。

 

 イヤホンから直接耳に、歌詞カードから目に、声に出せばそのまま身体中に摂取できるものが血肉になる。そんな音楽があることに感謝する。そんな音楽を知っていて、ちゃんと聞いていた自分にも感謝する。

 おかげさまで、いま魂が浄化されている。腐った水が少しずつ排出されて、綺麗な水が入ってくる。それでも、これまでの汚れが残っているから、浄化作戦にも時間がかかりそう。でも、やる。しばらくはこの人の歌ばかり聞いていたい。

 浄化作戦がある程度うまくいったら、今度は別のきれいな色の水を注いでいきたい。混ざって黒くなってもいい、それが腐った水でなければいいのだ。

 そうやって、どんどん尖ろう。それが私の本分だった。

 さて、どこがどう尖っているのか、確認しなければ。どんどん吸収して、どんどん作るのだ。誰に言われなくたって、私の感性ぐらい私が守るわ、馬鹿野郎。

 

 結局、いつもの「好きなものは好き、いやなものはいやだから絶対にいや、っていう気持ちを大事にしようね!」っていう話だった。情けないことに、毎日忘れるから、毎日思い直さないと保てないのよ。

 おやすみなさい。