何の生き物

今日は大きい本屋に行きました。いろいろ見て回りました。

いつも見るのは、ファッション誌のコーナーと、アイドルの写真集のコーナー、あとは文庫、新書、文学などなど、ずーっとぐるぐる回ります。そのあと、マンガのコーナーをぐるぐるぐるぐる回って終了です。

今日もそんな感じでした。

そして結局何も買わないで帰ります。これもいつも通りでした。「わぁ〜」って言って満足してしまうのです。

買い物っていつもそうです。何を見ても、いつも「わぁ〜」って言って終わります。何かを買うときは大抵衝動買いか、超・用意周到に買うかのどちらかです。ただ、本屋のときはその傾向がさらに極端になります。

 

本屋って、もちろん新しい本もたくさんあるのですけれど、もうずっとそこに置いてあるんじゃないかと思うような本もあります。ああいうのってどういう生き物なんでしょう。

単に売れないだけなら、「ずっとそこに置いてあるような」本にはならないはずなのです。あんまり売れないと、お店に本を置いておくスペースがなくなってしまうから、どこかに送り返されてしまうはずなのです。ということは、ずっとそこにあるような本は、定期的にこっそりと入れ替わっているはずなのです。

そういうのって、どういう生き物なんでしょう。

 

***

お昼に食べたカレーがとても美味しかったです。食べ物が辛ければ辛いほど楽しくなってしまうので、できるだけ辛そうなカレーを頼みました。いつものことです。

辛いカレーを食べると、気管支が広がるのか、痰が出やすくなります。……出やすくなりません? わたしだけ?

 

すごく普通の日記書いてるんですけど、精神にいいですね。日記に書くことがあること自体が精神にいいのかもしれませんね。穏やかにいきましょう(お前が言うな)。おやすみなさい。