読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷やしたぬき

雑談だ

ぶっちゃけ、昨日の日記のタイトル思いついた時が一番面白かったよね。

お風呂に入っててさ、急に思い浮かんだんだよね。文字で。

「ち〜ん♪」

って。

湯船の中で、一人でめっちゃくちゃ笑ってたからね。「ち〜ん♪」て!!!「ち〜ん♪」て!!!!!って。ゲラッゲラ笑ってた。一人で。まあ風呂だから一人だよね。

この世で最も無邪気に男性器を想像させる言葉じゃない?トライアングルの音としての「ち〜ん♪」って。
最高のタイトル思いついたなって思ったよ。めっちゃくちゃ笑ってた。

そんで、昨日の日記を投稿してから「うわ、明日もこれやんの、超怠いな」と思った。でも、続けられるなら続けたほうが絶対にいいわって思って、そのまま寝た。

結局全然耐えられなかったんだけどね。二日くらいしかもたなかった。筋トレですら20日以上続いてんのに(自慢)。
「三つ子の魂百まで」と「三日坊主」の絶妙なマリアージュを体験しちゃったよね。

いや〜しかし、面白かったな。なんでもやってみるもんだ。三日は保たなくても、一時間は保たなくても、30分やって休憩、30分やって休憩、なら保つかもしれないってわかった。

あと、嘘はバンバンついたほうがいいね。気持ちいいし。嘘ってつけるだけついたほうがいいね。本当にそう思う。

学びがあった。サンキューインターネット。

めっちゃ普通の日記書きます。

お昼、蕎麦屋さんに行きました。そしたらメニューに「冷やしたぬき」っていうのがあったんです。

その瞬間に想像したのは、極寒の中、滝に打たれるたぬき。
あるいは、今にも落ちてきそうな氷柱の真下に立っていることを強要されたたぬき。

それ、拷問じゃん。たぬきに対する拷問じゃん。

あまりにも悲しくなりました。
冷やしたぬきを注文しなかった自分を誇りに思うほどには、たぬきに同情してしまいました。

冷やしたぬきを注文する外道がいたら、滝壺に突き落としてやろう。あるいはかまくらの中に埋めてやろう。
たぬきをこれ以上冷やしてはならない、かわいそうなたぬきをこれ以上増やしてはならない……。人類皆死ぬべし……。

そんな祈りにも似た妄想をしていたら、注文したとろろそばが出てきました。美味しかったです。

←こんな文字だけの星に祈ってもいいこと起きないよ。みんな知ってるだろうけど。

未来に希望なんてねえし、星に願ったってなんも起きねえよバーカ。

ああ楽しかった、嘘ばっかついた二日間、本当に楽しかった。無責任に人のこと励ますのって本当に楽しいよね。どう考えても嘘でしかない言葉ばっかり言うのめっちゃ楽しい。テンションあがる。だから、そういうこと言う人間が生き残るの、本当によくわかる。ストレス解消になるんだよな。
生存バイアスってこの世の真理なんじゃねえかと最近思う。私は生き残ることに喜びを見出せないので、みんなどんどん生存してくれ。いや、まだ死なないけどさ。

それにしても、キラキラ健常社会モード解除した途端に「ウンコ」とか「クソ」とか言い始める自分に笑った。うん、やっぱ面白かったな。面白かったわ。定期的にやろ。

おやすみなさい☆(←この星に祈ってもなんもいいこと起きねえよバーーーーーカ)