読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクドナルドはエロい

やばいなー、今日もなんもしてない。なんもしてなくたって悪いこたぁないんだけどさ。 ここんとこ妙に眠くて、今日は遂にお昼寝しちゃった。しかも、起きたら起きたで頭がずっと痛い。 なんだこりゃあ。 心当たりがない。なんか疲れるようなことしたかしら。なんもしてないと思うんだけどなあ。

予定を整理しようと思ってメモ帳(デジタル)を開いたら、「こんなこと書いたっけ」と思うようなものが続々と出てきた。立てかけのプロット、一行だけのセリフ。 ああ、これを完成させればいいわけね、と思えばいろいろと楽なので、やっぱり思いついたことはメモしておいたほうがいいなあ。どんなくだらないことでも、中途半端でも。

ど直球の下ネタなんですけど、マクドナルドってエロくないですか? マクドナルドのこと、エロいって思ったことありませんか? 絶対エロいですよね。

なんでだろう、妙にエロいと思うんです、マクドナルド。理由はわかりません。そもそもマクドナルドに行く機会はほとんどありません。それなのにマクドナルドがエロいと思います。

いや、違うな。なんか違う。言語化の段階で間違ったかもしれません。 正確に言うと、「マクドナルドに性的興奮を覚える人がいるかもしれない」と考えると、妙にワクワクするのです。

絶対、マクドナルドフェチの人っていますよね。「マクドナルド」の文字列に興奮して、あの黄色いMの看板見るだけでガチガチに勃起して、ポテトが揚がった音で射精する人、絶対いますよね。いませんか? いないのかな。絶対いるでしょ。いてほしい。頼む。

もし誰かが諸事情によりマクドナルドに行けないとして、その諸事情が「マクドナルドに性的興奮を覚えてしまい、マクドナルドに行ったら社会的に死ぬから」だったら本当に嬉しい。絶対楽しい。 そんな人がいたら、嬉々としてビッグマックをセットで買ってこよう。ポテトはLにしてあげる。そして、公園で食べよう。私は別に食べなくてもいい。食べきるまで、じっと見ていてあげる。「うわー」とか言いながら。

ああ、マクドナルドに性的興奮を覚えてしまう人を集めて、座談会を開きたい。 私は別室からその様子を眺めていたい。爽健美茶を飲み、フィレオフィッシュを食べながら。

何の話をしてるんだろう。1月、終わっちゃったね。2月、始まっちゃったね。 こうやって、死ぬまでどうでもいいことを繰り返しましょう。おやすみなさい。