日記、最後の4行だけです

どんな人であっても、人間である限りは、存在するだけで誰かを傷つけているし、これまでの人生で不当に人を貶めたことがあるし、今後の人生でも同じことを間違いなくやる。絶対に繰り返す。 どんな善人や悪人であっても、どんなに社会的地位が高くても低くても、どんなに人望があってもなくても、知能が高くても低くても、どんな身体的特徴があっても、大人でも子供でも、人間だったらまず間違いなくそう。例外はない。 私もまず間違いなくそう、親でも友人でもみんなそう。一見優しい人も、まともな人も、そう。みんなそう。

……って、自分に言い聞かせている。人生をやっていくために。

おそらく、多くの人はこのことを自然にわかっている。明文化できなくてもわかっている。わかっているから人間はこうなんだろう。 私は、自然にわからなかったから、自力で学習するために、時たまこうやって己に言い聞かせている。 逆に言えば、こうやって言い聞かせないと忘れてしまう。すると、ノーガードで全力の腹パン100発喰らって肋骨全壊程度のダメージを負ってしまう。

人が傷つけ合いながらでも生活と交流と繁殖を続けられるのは、人がある程度丈夫だからなんだろう。 だから、多くの人が、誰かを精神的に殴ったり蹴り飛ばしたり踏みつけたりして、平気な顔でいるんだと思う。お互いに丈夫だって思い込んでいるし、それがおそらく思い込みではなくて事実だから。殴り合って、蹴り飛ばしあって、踏みつけあって、人は繁殖してきたんだなあ。

というわけで、私は他人を意図的に踏みつける練習をしないといけないんだ……とここ2〜3年考えている。多くの人と同じように、「他人は案外丈夫である」と盲信して、人に全力で猛タックルしてゲラゲラ笑うようなことを、平気でやらなきゃいけない。 近しい人から順番にひどいこと言って、徐々に慣らしていけばいいと思うんだけど、それはあまりにも無益な消耗戦じゃないかね。私の言うひどいことって結構ひどい。力加減がわからないから人間を壊しそうで心配。何事も壊してみなきゃわからないけど、壊してからじゃ何もかも遅いでしょ。相手は人間だぞ。周りから人がいなくなるよ。……いいか、もう。いいか。

いや、やっぱり、超やりたくない。疲れるから。絶対疲れるでしょ。殴ったら3倍の力で殴り返されるの、目に見えてるし。なんで自分からそんなこと始めなきゃならんのか。摩擦すんの超だるい。だったら頭の中に引きこもってる方がよっぽどマシじゃないかね。 「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった」って本当に思う。社会性動物であるところの「人間」に向いてなさすぎた。人と人の間になんていたくないでしょ、どう考えても。

いざとなったら物理的に殴れるor逃げられるように、筋力と体力をつけた方がよほど楽になりそうだなと思ったから、筋トレメニューを追加した。そんなにガチガチになるつもりはないので、ほんの気休め程度なんだけど、フィジカルに自信つけた方が絶対楽だよねえ。人間も物だからねえ。

なんでこんなこと考えるようになっちゃったんだろ。 ああ、そうだ、いいかげん人間なんてもんを信じるのはやめたいって思ったんだった。何かある度に「人は、なぜ……」って思うの飽きた。なぜも何も、人だからだよ。仕方ないよ。 人間は悪い。いい人だって絶対悪い。こうやって最初から諦めていたかったし、何なら、こんなこと考えなくて済む人生が良かった。 私は性悪説大好きなんだけど、根が性善説なんだよね、バカだから。今、必死で性悪説をインストールしている。

なんかめっちゃ歪んでない?大丈夫?頓服飲む?いや、眠剤飲んで寝る、が正解っぽい。 ……別に歪んでるとも思えないんだけどなあ。単に、今までの私がおかしかったんでしょ。

 

せっかくだから日記っぽいこと書こ。

今日は映画を見たよ〜。以上。

ラミクタールは今のところ、大した副作用もなく順調。明日から増量するのかな〜。薬疹だけはやめてくれよ〜。

おやすみなさい。