読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日、昨夜アレをソレしたのを、コレしてやりましたよ。コレです、コレ。ソレをね、ピャーってやってぱっちん、ギュッギュッ、シュッ、ピタッ、スコーン!です。

最近聞いてなかったラジオを久々に聞いたら、全身が痺れるように気持ち良くってびっくりです。やっぱりたまりませんなあ。これからはできるだけ毎週聞きます。

今日読んだ本が(精神的に)重くて、今になってじわじわと悲しくなってきました。ただ、これを読んだだけの私が悲しくなる必要は、全くありません。だから、これは悲しいのではなくて、疲れているだけなのでしょう。 本にたくさん出てきた、西のほうの言葉の、ありとあらゆる罵倒が頭の中に響いて止まりません。あっちの言葉は全く話せないのに。 ああ、そもそも日本語すら上手に話せないんだった……。人間の言葉が話せません。もう人間は諦めています。Siriになりたい。私は人工無能ならぬ天然無能だから、Siriになれるわけがありませんけれど、いつもSiriみたいなことばかり言うようになりたいです。当たり障りなく、いつも同じことを言いたい。テンションという概念がなくって、あるのは抑揚だけ。わざとらしい抑揚だけ。人間のふりをしなくても許される存在に、なりたい、人生、だった……。ベッドから出たくない。できるだけ毛布を抱え込みたい。

あ、疲れてますね。何もしてないのに。 こんなこと書いて何になるのか。これは突き詰めると「生きていて何になるのか」に辿り着く非常に危険な問いなので、やめましょう。

おかしい、いや、おかしい。テンションの落ち方がおかしい。よほど本が堪えたのか。何かに頭を乗っ取られているだけです。寝た方がいいやつです。

いい匂いを嗅ぎたくなったので、好きな香水を部屋に1プッシュだけ撒きました。いい匂いです。 おやすみなさい。