ぼけーっ ほげーっ

今日考えたことをいくつか。

車に氷柱ができるような環境で、ものすごい数の車が、ものすごい速度で行き交っている。車を運転しているのは人間のはずだ。 それなのに、誰もぶつかったり、スリップしたり、急に止まってみたりしない。少なくとも、私の目の届く範囲では。

人はどうやら本当に何らかのルールに従って動いているらしい。その仕組みの大きさを考えて途方に暮れた。複雑さを考えて混乱した。 毎日必ずどこかで交通事故は起きているはずだ。それが自分の見ている範囲で起こらない。これはなんて奇跡的なことなんだろう。その確率を計算しようとして諦めた。 私の頭が奇跡的におめでたい確率の方がきっと高い。

誰かからそっと渡されるものを余すことなく受け取り、それをびっちりと包装し、最も適切な箱の中に入れて一番重い鍵をかけること、その鍵を何があっても誰にも渡さないことが私の使命なんだと思った。宿命かもしれない。そういう感じのことが今まで生きてきて何度もあった。万が一、鍵の管理ができなくなったら終わりだ。そんなことになるなら死んだほうがマシだ。こればっかりは、本当に。

体力が欲しい。 これ、実はとっても健全で健康な欲求ではなかろうか。 体力が欲しいということは、疲れ切っても尚やりたいことがあるということだ。それをするための体力が欲しい。おお、私にしては随分健康じゃないか。ヘルシーだ。

昨日今日で体力を使い果たしたと思っていたけれど、寝る前に諸々の作業が進んだ。 できるものだ。できるようになったのか、元々できるけどやらなかったのか。どちらでも同じことだ、とりあえずできた。良かった。いろいろ動いていこうな。

寝る。明日は通院。ラミクタール、本当に始まるの!?の巻。