読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が速いなあ

私は1mmも動いていないのに、世界がひゅんひゅん動いている。すごい速さで動いている、気がする。実際は何にも変わっていないかもしれない。

私は動かないでいるから、胡座をかいてここにずっと座っているから、景色がぐるぐる変わっていけばいいのにな。……などと考えていたら、本当にそんな感じになっていて面白い。錯覚かもしれないけど、錯覚でも見えたら楽しい。

白子の食べおさめをしました。本当は4日おきぐらいに食べたいです。

だいぶ前、友人(宿命的なプロフィールの人)と話したこと。

「頭の中ってどうやったら静かにできるかな」

「我々みたいな人間にはね、無理だよ」

「そっかあ〜」

あれから結構経つのだけれど、おそらく互いに今も頭の中がうるさいはずだ(生きてれば)。頭の中がうるさいとどうなるかというと、人の話が聞こえなくなる。考えがたくさん出てきて、心の目線があちこち飛んでどうにもならなくなる。自分のペースを崩すのが非常に難しい。つまり、人間界でのコミュニケーションが厳しい。

こんなんでよく2X年も人間やってるよね私たち。よくX年も人間関係やってるよね私たち。

ここに書いたところで、この友人は多分見てないから、私がインターネットでこっそりねぎらっているだけ。

ワールドワイドウェブがワールドワイドって本当だろうか。そのワールドってどこまであるんだろうか。国境は超えても県境はどうにも超えられない。

ぼーっとしてる間に人生終わりそう。それでいいんだけど、絶対またどこかで時間がゆっくりになってしまうんだろうな。