読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

都会

やっぱり都会とインターネットって似てるなあ。でも、インターネットの方がいくらかお手軽で、怖い。都会は明らかに変だけど結構優しい。

ちょっと歩けば文化にぶつかるので都会はすごい。文化が風景になっているのだった。 そして、みんなほんとにテキトーにやってる。みんなテキトーに、自分の気持ちが通るか通らないかの勝負をしている。とてもあっさりと。なんでも真に受ける性質では渡っていけないかもしれない。気を強く持たなければならない瞬間がたくさんあった。でもそれがちょっと楽しかった。

今朝、徹夜明けでボロボロの状態でも普通に歩けている自分に気づいた。体力がちょっとだけ戻ってきた気がする。 帰宅して、ご飯を食べて、コタツに入ったらすぐに寝てしまった。コタツで寝るのってこんなに気持ちよかったんだなあ。 疲れるのも楽しいなんて、随分と安全な暮らしをしているものだ。私は本当に運がいいやつだ。

わたしはあと2〜3年だろう。昨夜、ふとそう思った。何を悲観しているわけでもなく、本当になんとなくそう思った。 今のうちに自分に言い聞かせておく。どうなってもどうにでもなるし、なるようにしかならないよ。